マスクをすると却って危ない?

 中国生物兵器製造秘密工場から漏れ出た新型コロナウイルスによる感染症が蔓延している。普通生物兵器はそれに対する特効薬の製作を以て完成とするが、このウイルスはその前に不埒な職員によって持ち出され、感染が始まった。

 完成した生物兵器であれば特効薬があって、感染は大きく広がらないが現在の状態はその特効薬がないことにより世界的な広がりを見せ、医学的、経済的に大きな打撃を与えている。

 日本では風邪やその他の感染症の予防や他者への感染の防止などの観点からマスクをすることが習慣になっている。だからマスクを着用することに抵抗はない。

 欧米ではマスクは容貌を低下させるし、呼吸に際して要らざる気を使わなくてはならないので、着用を躊躇する人が大半である。 だがマスクの着用が感染の予防にある程度の効果が見込めるとして、最近では直用が浸透している。

 マスク以外でも水を絶えず飲む、手洗いを励行するなどの予防手段はあるが、マスクの着用ほどには定着していない。

 医師とこの件を話したところ、医師はマスク着用の効果はエチケットの範囲を超えないと言う。すなわちあまり効果がないと医師は言うのだ。だがエチケットであれば従うしかない。

 少し考えれば分るがマスクは効果が薄いだろう。第一そんなに鼻や口などの呼吸器官を密閉できない。鼻が高い人などではマスクと鼻の間に空間ができて呼吸の半分ほはどそこを通じてしてしまう。

 半分では意味はないと思われるがそれでも精神的には安心感があるのだろう。ほとんどの人がマスクをしている。

 現在感染者はマスクをしていない密閉空間で感染したケースが多いと言われているが、科学的にはどうだろうか。

 私の見解では保菌者とどんな状態であっても長時間接触すると感染する。マスクを着用した人は感染率が低いのだろうか。

 マスク着用がどうして感染症防止に効果があるのか言われている現象を検証すると面白いことが分かる。

 コロナ菌が人から吐き出される時、コロナ単体ではなく、唾などの液体の中に入っている。液体は目に見えるほどの大きさがあるので、それはマスクで遮られて口の中に入って来ないというのだ。

 だが上記の通り鼻とマスクの空間から呼吸による息の出入りはある。だからマスク着用で菌を吸い込むことは99%防げるということ自体が疑問である。

 もう一つもっと大きな疑問点がある。菌は唾などに入っていると言うが、唾という水分はその内蒸発するだろう。そうすると菌は裸のままコロニーとしてマスクのどこかに付着しいる筈だ。

 菌はマスクの網目より格段に小さい。すると吸気する度に菌が体内に吸収される危険がある。このことについては誰も言わないが少し考えれば分る話だ。

 そうするとマスクをしていると却ってコロナ菌を吸い込む可能性が高くなるし、菌を吐き出す時も菌は自分の唾の中に存在していて今度はマスクに阻まれて外に出て行かない。

 そしてその自分の唾も乾燥してなくなる。そうすると菌はマスクの内側に留まり、それを自分がまた吸うことになる。

 だからマスク着用は却って菌を体内に取り込むことになるのだ。ただ保菌者と接触する機会は少ない。マスクは礼儀的な目的しかないという医師の言葉は信頼性がある。

 これまで常識とされてきた事も研究の結果間違いと判断されることが多くなった。盲腸炎になると盲腸を摘出するというのが従来の医学的処理であったが、それも見直されてきている。

 テレビを通じて話す学者の意見もその学者の意見とは限らない。テレビ局が原稿を用意してその通りに話さなければならないのだ。学者の意見というのは実はテレビ局の意見に過ぎないということを知らなければならない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です