高校野球

 高校野球が真っ盛りです。甲子園で出ることができなかった球児はどんな思いで試合を見ているのでしょうか。あるいは悔しくて他校の試合など見る気にならないのでしょうか。

 真剣に制作された番組が少ない中、テレビのスポーツ番組は今や例外的なものと言えましょう。それは真剣に行われている試合が面白いからです。

 負けたチームは記念に甲子園の砂を持ち帰ったらしいのですがそれは禁止の方向に向かっています。

 それほど選手は真剣に練習をして、力のある限り戦ったということでしょう。それは選手に取って一生の宝物になります。

 ここからはお叱りを覚悟で述べるのですが、見るほうの立場からするとどこか割り切れないものがあるのも否めません。スター選手はほとんどがプロに転向するという側面を考えると高校野球の意義を考えてしまいます。

 我々が若いころは本当の意味の高校野球がありました。スター選手はそのころもいたでしょうが、今のようにプロへの転向のステッピングストーンではなかったのです。

 今はどうでしょうか。高い素質のある選手は早くから目を付けられ、スカウトされます。スカウトする高校では自校が優勝しないまでも目立ち、入学志願者が増加するのを目的としています。

 ですから学校側は極めて良い待遇を保障し、あるいは両親に契約金なども支払われるかも知れません。

 球児は高校生として勉強をするのでしょうか。あんなに真剣にプレーをして良い成績を収めるためには野球に打ち込まなければならないでしょう。

 勉強などする時間はないはずです。ですが高校生は何のために高校に行くのかは分かり切ったことです。その高校では他の生徒が勉強している中、選手や部員は特別扱いされているでしょう。

 マラソンでもそうだと思います。有名な選手は会社の仕事はありきたりで、マラソンの練習に一日打ち込まなければ良い成績など残せる筈がないのです。

 そんな慣習がなかった時代には選手たちも勉強の傍ら野球をやったと思われます。でも我々が若い時はもうスカウトという制度があり、今とは程度が違っても選手は良い条件を付けられ、高校に引っ張られました。

 球児はその高等学校の宣伝部員という面もあるのです。こんなことを掘り繰り返しても皮肉れ者と言われるのが落ちですが、スポーツというのはそのスポーツマンだけのものではなく、所属している団体の宣伝部員を兼ねているのです。

 高校球児はそんなことに意識はしていないでしょうが、これが現実です。でもはっきり言って高校野球は子供の出場校の関係者と野球好きの人のものです。

 高校野球が終わった後にはプロ野球の試合があることも多いと思います。そのレベルの違いを見ていると高校野球の部外者は試合を見る気になりません。

 高校生たちは当たり前ですが、全体的に見て余りに下手だからです。凡ミスは多いし、ファインプレーなど数えるほどしかありません。

 私は駅伝やマラソンを見るのが好きですが、こちらも同じことが言えるでしょう。箱根駅伝に出た大学は知名度が上がり、学校経営が円滑に行われるものです。

 企業はどんなことでも利益に繋がれば許されるので、駅伝の選手は企業にとって重要な宣伝部員です。

 ですが高等学校や大学は勉学の場所です。駅伝も野球も余暇にやるのは良いでしょうが、本分は勉学にあるのは言を待ちません。

 高等学校や大学は若者の人口が減少したことが原因となって経営が厳しくなっています。しかし本分を忘れ勉学よりスポーツの力を入れるなら、学校は成り立たないのではないでしょうか。

 戦勝国アメリカの影響が大きすぎて世界は全て金の亡者になっているようです。学校は金儲けもしなければなりませんが、その前に勉学、研究を主体に経営して欲しいものです。

 高校野球をそんな僻めで見るのも顰蹙を買いそうですが、そんな人もいるのも事実です。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です