選挙

 年を取るに従って選挙には必ず行くようになった。この日本がどうなるのか、社会をどのように代議士たちはリードしていくのかが、気になるからではない。

 なんやらチルドレンと称して、女性なら美人やタレント、男性でも顔写りの良い人が才能、誠実さとは関係がなく、選ばれる傾向になんとか歯止めを掛けたいからである。

 なんやらチルドレンにも能力のある人がいるが、候補者にさせる党の目的はおかしい。有名人、美人、ハンサム、テレビに出ているというだけの理由で投票をする人を当て込むことに違和感がある。

 党首はそれぞれ能力があるのだろうが、その下のチルドレンの能力は怪しい。もし党首一人で政治を動かせるならそれでも良いのだろうが、そうもいかない。チルドレンは単に数合わせに過ぎない。

 日本は2番目か3番目の経済大国である。(中国の経済数字は信用できない)そうであれば世界情勢や何をすべきか、そんなことも政治家は知らなくてはならない。「子供たち」は知っているだろうか。勉強しているのだろうか。

 今後世界経済はどのようになっていくのか。ギリシャ、イタリア、スペイン、その他EUにあって経済基盤が脆弱な国はどうなるのか。それが日本の経済にどのような影響をもたらすのか。

グローバリズムは世界経済、国民生活にどのように関係してくるのか、「子供たち」は分かっているのだろうか。

 私の心配するのは北朝鮮の問題ではない。あんなのはアメリカに任せておけば形が付くと思っている。

 問題はもっと他にある。グローバリズムの拡大で貧富の差が広がらないのか。我々の孫の世代の普通の人は職を確保して生きていけるのか。コンピューターの過度の発達により、社会はどのように発展あるいは衰退していくのか。

 さらに仕事に対する能力が薄い人はどのような生活が送れるのか。結婚率がこんなに下がり、子供が少ない本当の理由はなんだろうか。天才が消滅したのは何が原因なのか。少子化の本当の理由は経済的な要因だけだろうか。

 そんな人類と人間社会の変化のことをもっと研究し、改善してくれる人に政治をやって欲しい。もし候補者が美人だという理由だけで、選挙民が代議士を選ぶと天に向かって唾を吐く行為だとは知らないのが、心配だ。

 社会保障を選挙に勝つための手段に選ぶのは、このような無責任な有権者対策である。験しに東京都に社会保障がどれだけの種類があるか問い合わせると分かる。誰も正確に話せる人がいない。

 学校の無償化も行き過ぎの感があるし、風邪や皮膚病、その他軽い病気に対して保険を適用する必要があるのか。年収1000万円を超える人に社会保障の制限をすべきではないか。こんなことを野放しにするから、税金の額が大きくなるのだ。

 信号系統の無整備は経済を減速させる。その責任は誰が取るのか。郵便配達車に駐車違反のステッカーを貼ると、郵便は配達できるのか。銀行、社会のシステムは複雑すぎないか。こんな混沌を整備する責任者は存在しているのだろうか。

 大会社に入らなければ就職しない。そんな人に失業保険を払っていないか。中小企業はどうして社員を雇えないか。中小企業対策は単に経済的な観点でしかやっていない。

 選挙カーが走る。「頑張っています。どうか投票日には佐野六左衛門をお願い致します」「独走を許してはいけない」「消費税アップを阻止します」。無責任のオンパレード。

 無責任な投票者に対して何人の責任ある人がいるのだろうか。無責任な人に限って税金の支払額が小さい。

 普通選挙法を改善してはどうか。どんな有効な方法があるかは分からない。ないかも知れない。しかし今の無責任投票を何とか阻止しないと、国民にも政治家にも悪影響が避けられない。無責任な馬鹿は選挙に行くな。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2070年

次の記事

日本3度の敗戦