ある小さな居酒屋の廃業

 ビジネスタウンの一隅にある小さな居酒屋が廃業するようになった。原因は種々あるらしい。一つには最近の若い男性が昔より酒を飲まなくなったこと、近所に大資本が経営するチェーン店が沢山できたこと、夜の店員が確保できないこと、利益が出ないこと、経営者が老齢化して疲れること。

 これらの原因を考えると現在日本が持つ問題点が浮き彫りになる。若い人が酒を飲まなくなったのは家庭内で飲酒をしているからか、あるいは全く飲酒をしなくなったのか。

 家庭内で飲酒しているとすればそれば妻にそのように指導されているからだろう。最近は女性の力が強くなった。良いことか悪いことかそれとも単に時代の流れか。

 女性に聞いてみると男性がだらしなくなったということをよく言われる。女性も外で働き、男性同様の収入があると女性の発言力が高まることは当然だ。だが妻に収入があると夫はどうしてもその収入に頼る。かくして男性の職場における必死さは減少していく。

 最近喧嘩は見ない。良いことだが、男性の覇気がなくなったと見ることもできる。妻のため、子供のために必死に働く、少ない小遣いを妻からもらう。30年ほど前は当たり前の光景がもう見られない。

 これは妻に取って幸せなことだろうか。女性の地位が向上し、男女同権になったが、どうも女性が損をしているようにも思える。

 酒を外で飲むことが行動力の現れだとは断言できないが、否定することもまた不可能だ。若い男性には行動力、力、そんなものがなくなった。

 大資本が経営する居酒屋はサービス、料理の質、味が画一的で、詰まらないという女性も多い。最近の女性は活発だ。男女が入れ替わったように女性は面白くなった。だが女性も自分が働いて家庭を支えていくとう程の覇気はない。

大資本には大資本としての役目があると信じるが、その役目を忘れて規制緩和という旗印を上げて、零細な企業の仕事を奪っていく。例さなな企業を相手にすれは簡単に勝負が付くだろう。魚は仲買いから買うのではなく、船から直接仕入れる。だから原価が安く、その分店での単価も低い。セントラルキチンで大量に要領良く調理され、料理は各店に贈られる。そこには深い味わいはなく、調理している人も入魂して調理しているとは思えない。

 そのうち日本料理の品質は低下するだろう。チェーン店は金だけが支配する世界で、客は金を儲けるための手段でしかない。新入社員が何十年か経って、部長、取締役になって昔よく行った小さな居酒屋にまた行く。客と店は互いに再開を喜び合い、昔と変わらない味を客は楽しむ。こんな豊かな光景はチェーン店にはないだろう。

 小さい店は特に人手不足だ。大手でも事情は余り変わらないらしく、人手不足のため、閉店する店も沢山ある。ということは就職する側はお金が欲しければ必ず働くところがあるということだ。

 すなわち日本では就職率が100%である。ところがそうはなっていない。ここに統計の欠陥がある。就職先がないという人、特に若者は就職先を選り好みしているだけで、失業保険など支払う必要がないだろう。

 国家の財政は最近ずっと赤字だ。それなのに選り好みして就職しない人に失業保険を支給する意味があるのだろうか。我々が若いころ失業すると大変だった。妻や子は腹をすかして待っている。どんなことをしてでも金が必要だった。

 小さな居酒屋は大手と太刀打ちできない。客の数が減少しだし、客単価も低くなる。そして赤字に転落。長年貯めた貯金はなくなってくる。とうとう仕方なく閉店。経営者はどこかに就職先を見つけなければならない。

 閉店の日、店主は長年やってきた店を最後に眺め、涙にくれる。若かったころは客も多かった。時には客席が満員で、客が立って酒を飲んだ。それでも客に不平はなく、店内は大きな声が行き交っていた。それは夢か幻か。どうしてこうなったのか。客は閉店を憂うるが、では店が黒字になるほどの回数を来てはくれない。

 店主は朝時に店に来て、昼間の休みの後、夜帰るのは12時である。そこにはラッキーフライデイもなく、有給休暇など取ることなど思いもよらない。今育児休暇を与えている大会社も30年後はないかも知れないのだ。何故なのか。働く人が我儘になったのか、政府が実情を把握しないのか。

 今日から長い所は9連休に入る。ビジネス街の居酒屋はその間、売上が0だ。どこか歪んでいないか。記憶力抜群の人がエリート大学を卒業して、官僚になる。そして実情も分からず将来を見据えない政策を打ち出す。

 政治家や官僚は一般の人を幸福にはできない。自己の利益だけを見据え、将来の備えることだけを考える。30年後日本、あるいは世界はどうなっているのだろうか。バラ色の人生を人が謳歌できるのか。どうもそうならないような気がする。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です