フィギュアスケート日本選手権男子

 最近のテレビは面白い番組が少ない。そんな中でスポーツ番組は選手が真剣に練習に取り組み、競技をしているということで見るべきものの一つだ。

 私は走り系、マラソンや駅伝など単純なスポーツが好きだが、選手の方は単純でない練習をしている。その辺りがまた興味深い。

 フィギュアスケートも見る。こちらの方は競技の内容も極めて複雑で、素人では回転の種類が判別でき難いので、解説者の言葉を聞きながら鑑賞する。

 見ている方は鑑賞すると言うが、選手に取ってはとても過酷なスポーツだ。回転をする時に足を痛めたりしないかとはらはらする。

 一昨日終了した全日本選手権は最初の方から見た。競技が進むにつれて演技をする選手のパフォーマンスの質は上がり、そんな目で見ているとこの競技がいかに難しい競技であるか見ている方にも伝わってくる。

 難度の高い回転で転倒する時の選手の気持や精神の在り方はどうであろうか。私も歌を歌うとき高音がひっくり返る時の恥ずかしい気持と同じではないかと選手の心を斟酌する。

 今回の競技の結果はある程度想像できた。羽生選手は今回優勝しないのではないかと推測したがその通りになった。

 彼は体形がフィギュアスケート向きで、その点は有利であろうが、観客が見ているほど簡単に勝利しているとは思えない。

 彼は私と同じ病気を持っている関係で主治医が同じだが、それを聞いても彼の苦労のほどが知れる。

 この競技では脚が命だ。回転で点数を稼ぐには強靭な足腰が必要だが、優勝するには相当な努力をして鍛えなければならないだろう。

 だからまだ体が軽く筋肉が柔らかい十代の選手に有利である。だが今回の大会は見ている方に取っては面白さが半減する大会だった。

 ジュニアから上がってきた鍵山選手はそこそこだったが、次代を担うにはまだ物足りない。羽生や宇野選手が一位二位を獲得するとは思っていたが、羽生選手の出来が悪すぎた。

 宇野も万全とは言えず、全日本としては満足の行く出来ではなかった。その二人の戦いは興味深いものがあるが、こんな結果になったことは残念でならない。

 フィギュアスケートは相当過酷なスポートであるので、選手生命は短い。それにも関わらず羽生選手はオリンピックで二連勝し、三連勝を狙っているのは潜在能力に加えて、理想的な体系と不断の努力のたまものだと思える。

 それに精神力の強さが加わらなくては良い成績が収められないのは他の競技と同様だろう。

だが最近やたら競技会が多い。ほん少し前グランプリ大会があったと思うと全日本だし、ここから選抜された選手が世界選手権に出場すると言う。

 そんなに大会が多いと脚に対する負担が過重ではないのか。私にはここでも日本スケート連盟の役員の選手に対する配慮の足りなさが見えて仕方がない。

 連盟の理事はどんな人か知らないが、その中に選手出身の人物が混じっているはずだ。それなら選手がどんなに過酷な状態に置かれているか充分理解できるではないか。

 大相撲と同様、ここでも連盟の理事の私利私欲が優先されて選手が怪我や疲労困憊に追い込まれる状態にあるように思える。

 理事たちの所為で大会は精彩を欠いたし、選手は疲労から快復しない。羽生選手がまた怪我をしたらと思うと気の毒で仕方がない。

 今大相撲の場所を見ると良い。横綱や大関の大勢が休場し、ほとんどの力士が怪我に悩まされている。場所数が多すぎるし、巡業はほぼ毎日だ。

 フィギュアスケートも昔はこんなに盛んではなかった。それがオリンピックで銀メダルを取った伊藤みどりと銅メダルの高橋大輔の出現で人気スポーツの一つになった。

 それを金儲けと直結させるのはいつも連盟の役員どもだし、回転不足の金妍児に異常なほどの高得点を与えたのは審判員で選手側の人間ではない。

 体を賭して懸命の努力を続ける選手とそれを消耗品として扱い金儲けの手段に使う連盟側。大相撲もフィギュアスケートも場所や大会は半分程度に減らすべきではないか。

 卓球もそうだ。最近は大会数が多すぎる。選手生命が短ければ短いほど、選手生活を終えて連盟の役員になり美味い汁を吸いたがるのか。選手のためにもこんな状態は阻止してやらなければならない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

道徳が支配する世界