街集約 国交省法改正

 今日の読売新聞の第一面トップ記事は上記のようなことだった。詳しく見てみると国土交通省が都市再生特別措置法の改正案を通常国会に提出する方針を固めた。とある。

 この改正案のメリット、デメリットは置くとして、この記事の書き方はとても気になった。新聞記者はついうっかりと書いてしまったのであろうが、何故行政府である国交省が法案を国会に提出するのか戸惑うばかりだ。

 日本は一応民主国家で司法、立法、行政府と三権分立が成立しているはずだ。ところがこの記事によると行政府が立法をすると読めるのだ。

 もちろん改正案は議員を通じて国会に提出するのだろうが、基本的な構想は全て官僚によって作られているのではないだろうか。

 このことは色々広がって考えられる。法律が官僚によって作られるのであれば議員の役目は一体何だろうか。与党野党を決定する単なる数集めでしかないのではないだろうか。

 それだったら主だった議員以外は不要だ。そして得票数は記録されていて、それに応じて法律案が承認されれば良いのではないか。

 そうすれば議員に支払う給料や経費を節約できる。それは全予算と比較するとたいしたことはないかも知れないが、どうせ議員には薄汚い政治屋が多い。そんな人物は不要だ。

 もう一つ思い浮かぶのは議員という職は能力がなくてもやっていけるのではないかということだ。

 確かに女性議員は美人ばかりでこれでは準女優である。選挙は何のためにあるのだろうか。単なる人気投票になってしまったような感がしてならない。

 立法をする議員は誰に何を聞いても良い。だが読売新聞を読む限り、議員が主体になって立法をしているようには見えない。全て試験に通ったが能力が未確認な官僚が決めているようで、気色が悪い。

 国民のことを考えずに自分たちの政局だけを考えて、野合に走る野党。首相になった途端、存在さえ反対していた自衛隊の閲兵をして結局社会党を破滅に追い込んだ村山富市。

 貧困な人を救うと言いながら豪邸に住む志位共産党党首。些細な疑惑に長時間使い国会を空転させる野党。

 建った5臆円の悪事で極めて有能な田中角栄を拘置所に送った全体を見ない

検察庁。確かに田中は悪事を働いた。だが日本を俯瞰すると彼は日本の政治に取ってなくてはならない存在だった。

 中国と友好関係を樹立した田中の能力をアメリカが怖れて情報を漏らした。それにまんまと乗せられて田中を罪に落とした検察。

 だが人を裏切ってばかりいる小池都知事を選んだのは選挙民だから国民も悪い。人を評価する能力がなければ選挙に行かないでもらいたい。結局小池は都民に何か有用なことをしたのか。どうもそうは思えない。頼むから人を裏切ってばかりいる小池などに投票しないで欲しい。

馬鹿らしくて国や東京に雇われている人物たちを信頼することはできない。私は日本以外に住みたい国はないが、それでも日本の上層部に位置するこんな輩は何とか排除をしたい。

 このようなことをテレビではどうして取り挙げないのか。テレビは視聴率、すなわち金だけが大切なのだ。

 テレビも本当に国民のためになる気持ちがあるなら、自分たちが知っていることを全て国民に知らしめるべきだ。

 それが事件をドラマ仕立てにして報道する。だから昼間暇な主婦たちはその報道に影響を受け、事実の全てを知らないで、選挙に行く。

 昼間暇な人たちは自分が住んでいる国を良くしたいと思わないのか。多分テレビはもっと衰退するだろう。

 そして我々の情報元はネットだけになる。そこは嘘が渦巻く世界だ。その中から有効な情報を一般人は取り出せるのか。

 何とも危うい日本になったものだ。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です