MENU

入り口は多く、大道は1つ

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

二宮翁夜話より引用します。

翁のことばに、世の中にまことの大道はただ一筋なのだ。

神道といい儒教といい仏教といっても、みんな、同じ大道に入るべき入口の名だ。あるいは天台といい、真言といい、法華といい、禅といっても、同じ入口の小路の名だ。いったい何の教、何の宗旨というようなものは、たとえばここに清水があって、この水で藍をといて染めるのを紺屋といい、紫をといて染めるのを紫屋というようなもので、その元は一つの清水なのだ。

紫屋では、うちの紫のすばらしいこと、天下の反物で紫に染まらぬものはないと自慢をするし、紺屋では、当方の藍の徳たるや広大無辺で、ひとたびこの藍がめにはいれば、すべての物ことごとく紺となるという。それで染められた紺屋宗の人は、わが宗の藍よりほかにありがたいものはないと思い、紫宗の者は、わが宗の紫ほど尊いものはないという。これらはみんな、「迷うがゆえに三界は城なり」というその三界城内を、まごついて出られない連中なのだ。

紫でも藍でも、大地に打ちこぼせば、また元のとおり、紫も藍もみんなぬけ落ちて、本然の 清水にかえる。そのように、神儒仏をはじめ、心学・性学など数えきれぬほどあるが、みんな、大道の入口の名なのだ。この入口が幾つあろうと、行きつくところは必ず一つのまことの道だ。これを、別々に道があると思うのは迷いだし、別々だと教えるのは邪説なのだ。

たとえば富士山に登るようなもので、先達によって吉田口から登るのもあり、須走口から登るのもあり、須山口から発るのもあるが、登りつめて絶頂に達すれば一つなのだ。こういうものでなければ真の大道とはいえない。

けれども、まことの道に導くといって、まことの道に行きつかずに、無益の枝道に引き入れるものがある。これを邪教という。まことの道にはいろうとして、その邪説にあざむかれて枝道にはいったり、あるいは自ら迷って邪路に陥るものが、世の中に少くない。心しなければならないことだ。

~引用 二宮翁夜話(上) 福住正兄:原著 佐々井典比古:訳注

すべては目的から考えること

日本一の富士山

富士山の登山口は以下の4つ。

  • 吉田ルート
  • 須走ルート
  • 御殿場ルート
  • 富士宮ルート

この4つの登山道のうち、正しい道はどの道だろうか?

そう、道に正しいも誤りもない。

あるとすれば、4つの登山道毎に特徴があるだけで、頂上を目指すのであれば、どの道から登ってもいい。

それなのに、人間はどの道が正しいか?で議論をする。最悪の場合、聖戦という名の戦争にまで発展する。

また、身近には色々な教えが溢れているが、何の為に学ぶのかを問う機会が少ない。

学ぶことが目的化され、なぜ学ぶのかを問わないから、いつまでたっても学びが終わらない。

気をつけておかないと、人はいつも手段を目的化してしまう。

宗教は、人を幸せに導くための教えであり、幸せになるために争うものではない。

学問は、自分の見識を高めていくためであって、知識だけを得るために学ぶのではない。

情報過多の時代だからこそ、何の為に学ぶのか?という目的を持って学ぶ必要があるのだと感じる。

オススメ本

created by Rinker
致知出版社
¥3,080 (2024/04/15 10:46:54時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次