MENU

幸せになるための秘訣

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

二宮翁夜話より引用します

根元に報いる 翁のことばに、そなたたち、よくよく考えてみるがよい。
恩を受けても報いないことが多いだろう。徳を受けても報じないことが少くないだろう。徳に報いることを知らない者は、将来の繁栄ばかり願って、その根本を捨てているから、自然に幸福を失うことになる。よく徳に報いる者は、将来の繁栄のことはさておき、今日ただいまの丹精を心がけるから、自然と幸福を受けて、富貴がその身を離れない。実に報徳は百行の長、万善の先というべきだ。 なぜならば、よくその根元を押しきわめてみるがよい。
身体の根元は、父母の生育にある。 父母の根元は、祖父母の丹精にある。祖父母の根元は、そのまた父母の丹精にある。こうして押しきわめてゆくと、天地の大生命に帰する。してみれば天地は大父母だ。それゆえ、「元の父母」といってみた。私の歌に、「きのうより知らぬあしたのなつかしや元の父母ましませばこそ」とあるのがそれだ。およそ我ひと共に、一日も命長かれと願う心や、惜しいほしいの欲念があるのは、天下みな同じことだ。それというのも、あすもあさっても太陽が出てくれて、万世変るまいと思うからこそで、もし、あすから太陽が出ないと決まったら、どうするか。こうなったら一切の私心執着、惜しいほしいもありようがない。
だから天恩のありがたいことは誠に顕然たるものではないか。よく考えてみるがよい。
~引用 二宮翁夜話(上) 福住正兄:原著 佐々井典比古:訳注~

幸せになるための秘訣

私たちは過去ー現在ー未来の時間軸で生きている。

そして、時間軸で未来を思考するときは、○○○になりたいという夢を持つ。

例えば、幸せになりたいとか、素敵な人間関係で過ごしたいとか、いい会社に就職したいとか・・・、未来に夢を持つことはいいことだと思う。

しかし、夢ばかりを見て、過去や今を忘れないようしよう。

私たちが夢を持てるのは、これまで色々とあったとしても、今日まで生きてこられたから。

両親や社会に育ててもらい、毎日食事を食べられて、電気・ガス・水道、不自由なく使って生活しています。

そういうあたりまえの豊かさを忘れて、夢ばかり見てしまうと、その夢は叶わないと思う。

なぜならば、根本がない物事はすぐに崩れるものだから。

二宮尊徳は、未来の願望ばかりを願うのではなく、今日という1日を大切にすること。

そして、1日を大切にするためには、あたりまえのことにもっと恩を感じようと説いています。

将来、幸せになることではなく、今幸せになるために何をすべきかを考えることが、幸せになる秘訣なのかもしれませんね。

オススメの本

created by Rinker
致知出版社
¥3,080 (2024/04/15 10:46:54時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次