MENU

北風と太陽から学べるもう一つの教訓

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

イソップ寓話より引用

46)北風と太陽
北風と太陽がどちらが強いかで言い争いをした。道行く人の服を脱がせた方を勝ちにすることにして、北風から始めた。強く吹きつけたところ、男がしっかりと着物を押さえるので、北風は一層勢いを強めた。男はしかし、寒さに参れば参るほど重ねて服を着こむばかりで、北風もついに疲れ果て、太陽に番を譲った。太陽は、はじめ穏やかに照りつけたが、男が余分の着物を脱ぐのを見ながら、だんだん熱を強めていくと、男はついに暑さに耐えかねて、傍に川の流れるのを幸い、素の裸になるや、水浴びをしにとんで行った。 説得が強制よりも有効なことが多い、とこの話は説き明かしてい

【引用元 岩波文庫 イソップ寓話集 著 イソップ 翻訳 中務哲朗】

北風と太陽から学べるもう一つの教訓

イソップ寓話の中で最も有名なものの一つが「北風と太陽」の話です。

この話は、人を動かすときに北風のように強制するのではなく、太陽のように内からやる気を引き出すことの重要性を示しています。

確かに、人を強制して動かすよりも、その人のやる気を引き出して動かす方が物事はスムーズに進むでしょう。

しかし、この物語を改めて見ると、北風も太陽も自己中心的であることがわかります。

そもそも、二つの力は自分の強さを誇示するために言い争いをしており、たまたま通りすぎた男の服を脱がせることで勝者を決めるという自己中心的なルールを作りました。

男から見れば、これは非常に迷惑な話です。

最近は、北風と太陽のように自分たちの力を誇示するために他人を巻き込む人が増えているように感じます。

自己の能力を誇示するだけのために他人を利用するべきではない。

これは、北風と太陽から学べるもう一つの教訓だと思います。

イソップ寓話集 の「北風と太陽」を読んで、そんなことを感じました。

オススメの本

created by Rinker
¥1,122 (2024/06/13 05:34:19時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次