MENU

高利をむさぼらない

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

二宮翁夜話より引用

143)高利をむさぼらなぬだけで繁栄する
翁のことばに、商業が繁栄して大商人になるのは、高利をむさぼらずに、安価に売るからだ。高利をむさぼらないため、国ちゅうの買手が集まってくるのは当然のことだが、売手もやはりここに集まるのはおもしろいことだ。買うことと売ることとの間に立って、高く買って安く売るのは、できることではない。だから安く売る所は買いかたも安いはずだ。その安く買う所に売手が集まるというのは実におもしろい。これはすべて、売手・買手双方に対して高利をむさぼらないからそうなるのだ。高利をむさぼらないだけで、買手も売手もどちらも集まって、次第に富ができる、これまたおもしろい。商人が高利をむさぼらないだけでさえ、こういうことになる。いわんや、わが方法は無利息なのだ。実に尊ぶべきものではない か。
【引用 二宮翁夜話(上) 福住正兄:原著 佐々井典比古:訳注】

高利をむさぼらない

今でも過払い金請求のCMを頻繁に見かけます。

過払い金とは、払い過ぎた利息のことを指します。

通常、お金を借りる際の金利は「利息制限法」により、金額に応じて15~20%と定められています。

しかし、過去には「出資法」の上限金利29.2%までが罰せられないという時期があり、その時期にカード会社は「出資法」の上限金利で利息を取っていたのです。

その後、最高裁は金利20%以上は違法と判断したことで、それが過払い金請求のCMのはじまりとなったようです。

その判決までは、カード会社が違法な高利を取っていたということです。

上記以外にも、金利が高い商品は多いと思います。

結局のところ、お金がないから借金をしているのに、そこにさらに高い金利を支払うという状況は不合理です。

今も昔も、自分の財力に合ったものを購入することが大切だと感じます。

二宮金次郎の夜話143段「高利をむさぼらなぬだけで繁栄する」を読んで、そんなことを感じました。

オススメの本

created by Rinker
致知出版社
¥3,080 (2024/06/12 21:36:43時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次