横綱 白鵬

 日馬富士の事件が起こってテレビ

局は喜んでいる。昼の時間には恰好の

ネタだ。

 テレビでは評論家や外野が盛んに

何かしゃべっているが、どうも的が

外れているように思えて仕方がない。

 名門大学を卒業した横綱審議委員たち

は記憶力を人一倍訓練しただろうから、

記憶すなわち経験による判断には優れて

いるだろう。しかし思考は駄目だから

このような前代未聞の問題については

対処ができない。

 先ず、相撲協会は外国人力士を採用

した。この力士の昇格が大関程度までに

留まっているうちは良かった。

 しかし白鵬が横綱になり、注射で更に

二人の横綱が登場した。そして白鵬は

大横綱と称せられるほどの実力を身に

付けた。

 この時点で相撲協会は蒙古人に牙城の

半分を明け渡したのだ。蒙古はいまだ

未開国である。

 加害者が日馬富士であり、被害者が

貴ノ岩なのに、蒙古の新聞は日馬富士

が善人で、貴ノ岩が悪人のように書く。

これは元相撲取りの朝青龍が金を出し、

そのように指示したのである。

 朝青龍/日馬富士対旭鷲山/白鵬の確執

が蒙古にはあり、白鵬は実業家ではない

から朝青龍ほどに蒙古の世論を左右する

時間がない。

 だから貴ノ岩が悪いことになってもそれを

訂正する力がない。そして悪者の貴ノ岩は

このままでは蒙古に帰国できない。

 大体相撲取りである横綱に品格を求める

のは無理がある。まして未開人の蒙古人には

そんな感覚がない。

 日本に来て少しは日本の文化、伝統、

マナーを学んだので、少しは分かっている

筈だが、大横綱と称せられる白鵬が日本の

文化を全て鵜呑みにするとは思えない。

 千秋楽のインタビューであのような発言

をしたのは蒙古人の考え方に戻づいている。

日馬富士と貴ノ岩が二人とも土俵に戻れな

いと貴ノ岩は蒙古に帰れないから、白鵬は

貴ノ岩のことも考えてそのように発言した

のだ。

 外人力士を廃絶するか彼らに牙城を明け

渡すか、中途半端だとこんな事件がまた

起こる。

 朝青龍という誠意のかけらもない男も

事件を起こし、相撲協会を蔑ろにしたでは

ないか。朝青龍よ、お前は蒙古に帰って

そちらで金儲けに専念しろ。もう相撲取り

ではないのだから、相撲に口を出すな。

 相撲協会の理事たちはこの状態を把握して

いない。白鵬が負けたのに、審判の判定に

服しないし、伝統のしきたりを破ったのに

罰則を協会は与えることができないほど弱腰

である。

 白鵬は、時には日本の文化を尊重し、

時にはそれを踏みにじる。これは蒙古人の

感覚がまだ体内に残っているからだ。

 相撲協会、評議員、横綱審議委員会、

すべて常識を弁えているとは思えない。

評議委員長の池坊康子は頭脳も鈍いし、

小学生なみの発想しかしない。だいたい

どうしてあんなに頭の悪い人が委員長

とか重責のある地位にいるのか、相撲

社会はどこか狂っている。

 相撲に興味のない人もいる。それ

なのに見方は全て相撲目線。単なる

障害事件がどうして相撲協会と関係が

あ相撲協会を何故財団法人に指定したのか。

そんなの国民のことを考えてやっては

いない。

 相撲人気が落ち目になったときに

交渉により指定している。指定は協会

に対してであり、貴乃花はその指定外

である。貴乃花はそういう意味では

法律に何も違反していない。

 アメリカでこの事件が起こればどう

なるか。いとも簡単に収束する。相撲

が世の中の全てではない。もっと根本

的な判断基準がある。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

相撲協会と力士

次の記事

アメリカ社会の現状