MENU

自然災害に対して人間ができることは備えることだけ

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

二宮翁夜話より引用

54)落葉と人道
翁のことばに、天道は自然のものだ。人道は天道にしたがうとはいいながら、一方また人 為のものだ。だから人道を尽してあとは天道にまかせるべきで、人道をいいかげんにしておいて天道を恨んではならない。たとえば庭さきの落葉は天道であって、無心に日々夜々に落ち積る。これを掃かないのは人道ではない。ところが掃いても掃いても落ちてくるが、これに心を煩わしたり、気をいらいらさせて、ひと葉落ちればほうきをとって立ったりするのは、ちりあくたのために使われるようなもので、愚かなことだ。木の葉の落ちるのは天道だ。人道をもって、毎朝一度は掃くがよい。あとまた落ちてきても捨てておいて、無心の落葉に使役されぬがよい。しかしまた、人道をゆるがせにして、積りほうだいにしてはならない。これが人道なのだ。同様に、ばかでも悪人でも、よく教えるがよい。教えて言うことをきかなくても、いらいらすることはない。聞かぬからとて捨てることなく、幾度も幾度も教えるがよい。教えて用いられなくても、おこってはいけない。聞かぬからといって捨てるのは不仁というものだし、用いぬからといっておこるのは不智というものだ。不仁・不智は徳を積もうとする者の恐れるところだ。だから仁と智と二つを心がけて、わが徳を全うするがよい。
【引用 二宮翁夜話(上) 福住正兄:原著 佐々井典比古:訳注】

自然災害に対して人間ができることは備えることだけ

2024年1月1日に能登地方で大地震が発生しました。

インターネット上には、今後も大規模な地震が起こるとの情報が流れています。

確かに、地震が発生することを予測できれば、その場所に行かないという対策が取れるかもしれません。

しかし、実際には、いつどこで地震が起こるかは誰も予測できないのが現状です。

地震は天道です。

自然の働きは天だけが知っています。

何もわからないことに怯えていても、今日という時間が無駄になるだけです。

二宮金次郎は、「落ち葉が落ちることを悩むな、1日1回掃けばいいだけだ」と説いています。

これは、落ち葉という天道に対して、人道として1日1回掃くことを行えば、何も悩むことはないということです。

地震も落ち葉と同じです。

いつどこで起こるかわからない地震に悩むのではなく、地震が起こることを受け入れ、発生した場合に備えをしっかりと整えれば、それ以上を悩むことはありません。

自然現象である地震に怯えるのではなく、地震が起こることを受け入れ、しっかりと備えること。それが人道です。

今も昔も、天道に対して人間ができることは、小さな人道であり、その小さな人道を積み上げていくことだけなのだから。

オススメの本

created by Rinker
致知出版社
¥3,080 (2024/04/15 10:46:54時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次