MENU

それは人の為、それとも自分の為?

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

イソップ寓話より引用

17)尻尾のない狐
狐が罠にかかって尻尾を切り取られた。恥ずかしくて、生きていくのも辛いほどなので、他の狐にも同じようにさせねばならぬと考えた。皆を同じ目に遭わせて、自分のぼろ隠しを図ったのだ。 こうして全員を集めると、こんなものは不細工なだけでなく、余計な重みをくっつけていることにもなると言って、尻尾を切るよう勧めた。すると、中の一匹がさえぎって言うには、 「おいおい、そこの奴、もしそれがお前にとって都合の良いことでないのなら、我々に勧めはしなかったろうよ」 善意からではなく自分の都合から隣人に忠告を与える人に、この話は当てはまる。

【引用元 岩波文庫 イソップ寓話集 著 イソップ 翻訳 中務哲朗】

それは人の為、それとも自分の為?

アドバイスをする際、その人が相手のために考えているのか、自分のために言っているのかにより、その人の人格が見えてきます。

相手のために善意でアドバイスをする人は、状況と相手をよく観察し、その人がより良くなるようにと考えます。

一方、自分の立場を守るためのアドバイスをする人は、自分がより良く見えるように、または優位な立場に立つことだけを考えます。

同じアドバイスでも、相手のためのものか、自分のためのものかで、言葉は大きく変わります。

自分だけを優先して考えると、周囲からは人が去っていきます。

逆に、他人のことを思いやる人の周りには自然と人が集まってきます。

果たして尻尾のない狐はどちらのタイプだったのでしょうか。

イソップ寓話集 の「尻尾のない狐」を読んで、そんなことを感じました。

オススメの本

created by Rinker
¥1,122 (2024/06/13 05:34:19時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次