MENU

何も考えずに目先の利益を追い求めると

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

イソップ寓話より引用

9)井戸の中の狐と山羊
狐が井戸にはまり、上る手だてがなくて、止むをえずじっとしていた。
そこへ喉の渇いた山羊がやって来て、狐を見つけると、そこの水は旨いのか、と尋ねた。
狐は奇貨居くべし、と水を褒めちぎり、甘露!  甘露!  と言うばかりか、山羊にも下りて来るよう勧めた。
山羊は、その時はただ飲みたい一心で、後先のことも考えず跳び下りて来たが、喉の渇きが収まるや、狐と共に上り方を考えはじめた。
すると狐は、二人が助かるための妙案を思いついた、として言うには、 「もし君がその前足と角とを壁にもたせかけてくれたら、僕が君の背中を駆け上って、君を引っぱり上げてあげよう」 山羊が狐のこの第二の勧めにも喜んで従ったところ、狐は山羊の足から背中へ跳び上がり、背中から角へとよじ上って、井戸の天辺まで上って来ると、そのまま「さようなら」をしようとした。
約束が違う、と山羊が文句を言うと、狐は振り返ってこう言った。
「そこの山羊君、君にもしも顎の鬚ほども思慮があったなら、上り方を考えるまでは下りて行かなかったろうに」 このように人間の場合でも、思慮ある人はまず物事の結果を考えて、それから取りかからねばならない。

【引用元 岩波文庫 イソップ寓話集 著 イソップ 翻訳 中務哲朗】

何も考えずに目先の利益を追い求めると

最近、投資詐欺が流行っているようです。

詐欺師から「あなたのお金が何倍にもなる」という投資を勧められ、資産を投じると結局、全て騙し取られてしまいます。

これはまさに、狐が「甘露」と称した水を餌にして、山羊を井戸に誘い込み、最後に狐だけが逃げ出す投資詐欺の構図と同じです。

何かを始めるとき、特に「美味しそうな話」のときは、その背景やプロセス、結果を考慮に入れてから判断・行動することが重要です。

そうしなければ、すぐに騙されてしまいます。

イソップ寓話が書かれた2600年前から現代まで、騙す手口も騙される人も何も変わっていないと感じます。

イソップ寓話集 の「井戸の中の狐と山羊」を読んで、そんなことを感じました。

オススメの本

created by Rinker
¥1,122 (2024/06/13 05:34:19時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次