MENU

仕事と欲のちがい

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

二宮翁夜話より引用

122〕 家業は出精
欲は抑制 翁のことばに、世間には、家業と欲とを混同して、区別を知らぬ者がある。だから家業に出精するのを欲が深いと思ったりするが、大きな誤りというべきだ。家業は出精せねばならぬものだ。怠っては済まぬものだ。欲は、これとちがって、押えねばならぬものだ。人にはそれぞれ家の業がある。官吏が国家のために尽力するのは家業出精だ。教師が教育に勉励するのも家業出精だ。僧りょが戒律をよく守るのも家業出精だ。医師が病人に心力を尽すのも家業出精だ。農、工、商みんな同じであって、よく心得て混同しないようにせねばならぬ。
【引用 二宮翁夜話(上) 福住正兄:原著 佐々井典比古:訳注】

仕事と欲のちがい

最近、「楽に稼げる」という言葉をよく見聞きします。

本来、仕事とは人に商品やサービスを提供し、その対価としてお金を得る行いのことです。

難易度や時間がかかる仕事ほど価格は高く、簡単な仕事ほど価格は低くなるのが一般的です。

そのため、「楽に稼げる仕事」というの矛盾しています。

それにもかかわらず、このようなキャッチコピーがあふれている理由は、仕事と欲が混同されているからだと思います。

本来は仕事が目的で、その結果としてお金を得るべきなのに、お金を得ることを目的とした欲のために仕事をしてしまうのです。

その結果、詐欺や騙しが横行し、社会が乱れてしまいます。

二宮金次郎の夜話122段「家業は出精、欲は抑制」を読んで、これらのことを感じました。

オススメの本

created by Rinker
致知出版社
¥3,080 (2024/05/23 07:59:39時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次