MENU

本当の友だちとは

  • URLをコピーしました!
目次

今日の言葉

イソップ寓話より引用

1)鷲と狐 
鷲と狐が友だちになって、近くに住むことにした。 日々のつきあいで一層友情も固まる、と考えたわけだ。 こうして、鷲はとある高い木の天辺に巣を懸け、狐は根元の茂みにもぐりこんで、子を生んだ。 ところがある時、狐がを探しに出かけたに、食い物に困った鷲は、茂みに舞い降りるや、狐の赤ん坊をひっさらい、雛たちと一緒になって食べてしまった。 帰って来た狐は、事の次第を悟ったが、子供を殺されたことにも増して辛かったのは、仕返しができないことだった。 地上に住むものの悲しさで、飛ぶものを追うわけにはいかないのだ。 無力で手だてのない者にはこんなことでもするしかないのか、遠くから敵を呪っていた。 しかしこの鷲も、友情を裏ぎった罰を遠からず受けることになる。 野原で生贄の山羊が焼かれている時、鷲が舞い降りて、火のついた腸を祭壇から失敬した。それを巣に持ち帰ったのはよいが、折りから突風が吹きつけて、カサカサに乾ききった小枝の巣は、カッと燃え上がった。 このため、まだ羽根も生えわぬ雛は焼かれ、地面に落ちてしまった。 狐は駆け寄るなり、鷲の目の前で、雛を残らず食い尽くした。 友情の誓いを破る者は、たとえ無力な被害者からの懲らしめを逃れたとしても、天罰は免れぬ、ということをこの話は説き明かしている。
【引用元 岩波文庫 イソップ寓話集 著 イソップ 翻訳 中務哲朗】

本当の友だちとは

この寓話は二つのテーマについて語っています。

一つ目は権力者による弱者へのいじめ、二つ目は友情の裏切りです。

食べ物に困った鷲は、狐を裏切りました。

このとき、鷲は裏切っても狐は反撃できないと思い込んでいました。

しかし、その鷲の行動は因果応報となり、最終的には自分に向けてブーメランのように戻ってきました。

このような寓話を理解することで、友達との関係が悪化したり、自分が誰かを裏切りそうになったとき、事前に行動を見直すことができると思います。

私はイソップ寓話集の「鷲と狐」を読んで、これらのことを感じました。

オススメの本

created by Rinker
¥1,122 (2024/06/13 05:34:19時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次