国家と行政

人の行動には一定のルールが必要です。他の動物とは違い脳を不適切に働かせる人がいて他の人に迷惑を掛けてはならないからです。それを司るのは行政で国家という名の元に行動を行います。ですがこの行政の担当者は自身でルールを破ることもします。それに考えが行き届かなかったりして、そのルールに縛られる一般国民に困難や面倒を掛けます。それを修正させ、国民が安寧な生活をしなければならないと思うのです。