芸術を語る

芸術をすることこそ人の脳の最高の使用法でしょう。芸術作品を人に与える人もそれを受ける人も共に同類なのです。芸術は精神の肥料で、これがなければ文化文明は勃興しなかったと言えます。