老化しない車の運転

老化をすると車の運転に支障をきたし、高齢者による事故も多く報告されている。何とかしなければならない。

 そういう私もそんなに若くはない。運転技術の劣化を心配しなければならない。しかし私はそうならないと信じている。それは自己満足やマスターベーションではなく、理由があって信じているのだ。

 何年か前までは毎日車を運転していた。通勤に使うからだ。運転していると信号待ちなどで案外退屈な時間がある。

 あるとき考えた。このように漫然と運転していても、運転技術は向上しない。それでは毎回何かのポイントを決め、それを重点的に技術の向上に努めればいいじゃないか。

 あるときは左曲がりの技術を向上させる。左に曲がるときは後ろから来て直進する自転車や横断する人に気を付けなければならない。縁石に乗り上げることがあってはならない。カーブミラーを見て右、左から来る車に注意する。

 結構考えなければならないことが多い。熟練した人も事故を起こす。これは不注意からくるのだろう。そんな不注意もあってはならない。車は使い方が悪いと殺人鬼になり得る。

 今日は後方からくる自転車に注意することを重点的に考えよう。できるだけ歩道に近いところを走って自転車がすり抜けられないようにしなければ駄目だ。自転車に乗る人は案外運転免許を持っていない人が多い。

そんな人は車の運転のことが分からないので、考えられないような無茶をする。曲がりかけているのにすり抜けようと試みる。そんなことを防止するためにできるだけ歩道よりから左折するのだ。

歩行者にも注意が必要だ。信号が黄色になると走り出す人もいる。カーブミラーの設置がずれていてT字路の左右が見えにくいというときはなくはない。

左折だけでも考慮する点は色々ある。この技術を磨く努力を毎回やる。若くなくても不思議に努力は実を結ぶものだ。左折技術については練達の士になってくるのに時間は掛からない。

次は進路変更だ。右折するときは確か進路変更する3秒前くらいにウインカーを出して後方を確認しなければならないとされている。なんだか運転免許の更新のための講義をしているようになったが、事故を起こさないようにするためでもあり、自分の運転技術の向上にも役立つ。

やることはまだまだある。左折、右折、車間距離、夜間の運転、朝の太陽よけ、トンネルに入る光になれる方法、後ろの車にブレーキを掛けさせないレーン変更。

そんな練習を毎日やれば運転技術は上達する。年をとって運転技術が下がっても練習による技術の方の向上スピードの方が速い。そのうち年寄の方が運転が上手いことになるかも知れない。

要は自己ベストを出すことだ。運転技術だけではなく、何か一つ見つけて、自己ベストを更新する努力をする。自己ベストが出ているうちは老化に恐怖を感じない。なぜなら自分は向上しているからだ。

体力は年を取ると衰える。脳もそうではあるが、もう少し複雑だ。記憶力は落ちるが判断力、分析力、統合力、など多くの部分は使うことで若いときより勝ることが多い。

脳を使うことは人間にだけ与えられた能力である。脳を使うと老化が遅くなり、ましてや自己ベストを出し続ける人にはその部分の老化はやってこない。

いつまでも車を運転したければ脳を使い運転技術の自己ベストをだすことだ。そのうちもっと違う部分にも自己ベストが出るところが見つかる。そんな人には老化はやってこない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です