アメリカ人とのばか騒ぎ - リムジンでお迎え

前にも言ったがアメリカには我が社のアメリカ人バイヤーがいて、私の滞在中テーマに沿って探しておいてくれていたメーカーに連れて行ってくれたり、ホテルの手配など全てやってくれる。

 その時のバイヤーはBob Gordon と言って、自分自身でも商売をしていたが、上手く行かず奥さんはいつも不平顔をしていたので、私は家へ泊れという彼の好意には応じずにいた。

 勿論彼は車で空港まで私をピックアップしに来てくれるのだが、彼が乗っているピックアップトラックは15年以上前のおんぼろ車だ。私はでも恥ずかしくはなかった。アメリカではどんな車も走っている。もっとポンコツな車もあればリムジンも沢山走っていた。

 空港に着くと彼がにこにこと出迎えてくれて、私は第二の故郷に帰ってきたような懐かしさを覚えた。長く取引をしているので、彼の英語は私には聞き取り易かった。私は話すのはいいが、聞くのはどうも駄目だ。耳が少し悪いのかも知れなかった。

 彼は私の顔を見るなり、「今日は申し訳ない。車が故障して修理に出している。明日には出来上がる」と言う。空港からタクシーで行かなければならない。料金も馬鹿にならないと思った。

 案の定「済まないがタクシーで行こう。料金は俺が出す」と無理をして言う。貧乏な彼にタクシー代は出させられない。彼の申し出を聞きながら、いくらくらい掛かるのかなあと懐勘定をした。

 空港の大きなビルを横切り、ポーチに出るとタクシーは待っていない。荷物も持っているし、まだ歩くのかとうんざりしたが、そんな不平は言えない。力の弱い私に変わって荷物の大半を彼が持ってくれてもいる。

 「おい、タクシー乗り場はどこだ」そう聞く私を無視するように歩いて行く彼を追うと直ぐ立ち止まり、さあ着いたという。しかしそこにはリムジン、それも超特大のリムジンが待っているだけだった。運転手らしい人がご主人様のご到着を今や遅しと待っている風情で畏まっている。

 彼は苛立たしそうにしている私の顔を無視して、彼は私の荷物をその運転手に渡すではないか。私は唖然として、物が言えなかった。道理でタクシー代を自分が出すと言い出したなと納得したが、貧乏な彼にそんなリムジン代を払わせる訳にいかない。

 リムジンは走り出した。乗り心地は別に良い訳ではない。普通の車と同じだが客席と運転手の間には間仕切りがあり、客席からは車内電話を掛けないと運転手には聞こえない。勿論こちらの様子も運転手には分からない。

彼に聞くと社内でセックスに励む人が多いらしい。我々は男同士だからそんなことにはならないが、客席を改めて見るとなるほどと思えた。客席はとても広いし、シャンパンやビール、ちょっとしたおつまみまで用意されている。

窓には黒いシートが貼られて外部から内部が窺い知れないが、こちらからは明るい外の風景が見えて快適だ。すれ違う車からはこちらを見ている。料金のことを思うと空恐ろしいが、偉い人になったような感じがする。

一時間も乗ったろうか。いつも泊るホテルに着いた。ここは「Mission Inn」

と言って、100年以上も前に建てられたものだ。スペインの布教ミッションの根城になっていた後、誰かが買い取りそれをホテルに改造した。

建物は古めかしいいが、雰囲気はアメリカでも異国情緒を味わえる。私はここが気にいっていて、定宿にしていた。部屋も広く、天井は高い。料金は当時35ドル。今の金でも5,6000円というところだ。日本人はいつも私一人だから、ホテルの従業員も私を見ると覚えていて、声を掛けてくれる。

そのホテルは種々の映画が撮影された場所だが、貧乏人Bob Gordon が住むRiversideという州にある。料金は安いので、安旅行者が泊る。Riversideには一億円以上する邸宅は一軒もないと説明を受けた記憶もある。

その安ホテルに特大のリムジンが着いたものだから、回りの人は見ている。日本人の私がリムジンから出て行くと皆が見つめる。私は面映ゆくなったが、ちょっと鼻高々でもあった。

さて勘定だ。社内ではビールを何本も飲み、シャンパンも開けたし、つまみも食べた。料金が怖い。でもカードで支払えばいいかと思う。今月の小遣いはもうないななどと計算した。私が「How much?」と運転手に聞くと運転手は平然として様子で料金を告げた。Bob は自分が払うと言ったのに知らん振りをしている。

運転手の英語が聞き取れない。もう一度聞くと「Hundred」と言っているようにも聞こえるが「Hundred」の前が聞こえない。「Seven Hundred」とも聞こえたが、私は「Hundred?」と聞き返した。運転手はただ「Yes」と言う。私がカードを出すとかれは読み取り機で印字をした。そこには「100」と打たれていて、本当に100ドルだと確認された。

私はBob Gordonに何故たった100ドルなのだと疑問をぶつけると彼はリムジンの方がタクシーより安いとしゃあしゃあとしている。私は驚いて理由を聞いたが「Just, it is」、分からないがとにかくそうだと言うだけだった。

ところでMission Inn をネットで見てみた。とても雰囲気が良いホテルだ。一度お泊りになることをお勧めする。しかし私が定宿にしていた後、市が買い上げて大幅に改修工事がなされて料金はやや上がったと聞いた。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です