英語の難しさ - 子音編

英語には日本語にない子音がある。そんな子音の発音に慣れていない日本人に取っては苦労するところである。

 学校でも必ず引き合いに出されるのが、「th」とか「r」、「l」、「v」、「f」だ。それらは日本語にはないので、初心者が苦労させられる発音だ。しかし慣れればそれほど難しいものではない。

 しかし「w」、「y」は極めて難しく、学校でもこの点を教えない。「w」は「wa」を発音するときには日本語は英語とほぼ一緒なので、問題はないのだが、「wi」、「wu」,「we」、「wo」と言う発音になると途端に難しくなる。厳密に言うと「wa」は日本語の「わ」とは違って唇の間隔をもっと狭くしなければならないのだが、まだこのケースは許せる。

 しかし「woman」という単語を正式に発音している日本人はほとんどいない。その人たちは「ウーマン」と発音して「u-man」という表記になってしまい、「wu-man」と発音しなければならないところが、「w」が欠落する。同様に「wi」,「we」

「wo」は日本人が発音すると「ui」、「ue」、「uo」と聞こえる。これは英語ではない。

 更に「y」は厄介だ。「y」は舌が硬口蓋の上とくっ付きそうになる子音であるが、日本語の「や」などでは舌と硬口蓋の間がやや広い。これは日本語の発音と微妙に違うので、厄介だ。「yi」は日本人に取ってはとても困難な発音である。「yi」はあくまで「yi」であり、日本語の「い」とは違う。単語で「yield」というのがあるが、これは「yi-ld」の筈だが、日本人は「i-ld」と発音してしまう。ここでも「y」という子音が欠落する。

 私は少しこんな点を考えたので、何とかなるが、「t」になるともういけない。「t」は日本人が考えている「t」と発音する場合と前後の発音に引きずられて「n」のように発音したり、「l」などにも近い場合もある。

 例えば「intercontinental」はアメリカ人の発音を聞いていると「インナーコンニネヌル」のように聞こえる。これは「t」の前に「n」があるので、音便的に発音するためだと思える。ところが厳密には「n」と「t」は少し違う。その違いがどうしても出せない。

 また「cotton」は「katn」とこの場合は「t」が「t」らしく聞こえるのに、「total」は「to-tl」とは聞こえない。これは「to-ll」に近い。「t」が後ろの「l」に引きづられるからだろう。「t」、「n」、「l」は全て舌の先が上の歯の後ろにくっ付いてできる子音であるから、そんな現象が起きると思われる。

 しかし「pharmaceutical」の「t」はまるで「l」のように発音されるので、上記の理由付けだけでは説明しきれない。これは二重母音が影響していると説明しておく。

このように子音自身の発音も難しいのに、子音が二つ以上重なる場合など、発音の難しさは倍化する。電車の車内放送でも「three」は「thri-」の筈なのに、「thuri-」と発音するケースが多く、いつも気になる。

 「three」は一音節の単語なのに、これでは二音節になってしまう。前にも少し書いたように「Clark」などは「kula-ku」などと発音されることがあり、これでは一音節の単語は三音節にもなる。

 日本語には子音が重なって出てくる場合はないからだろうが、これらの発音には泣かされる。「thrill」などは非常に難しい。「throche」は舐める「トローチ」として親しまれているが、これも「tro-chi」であって、「toro-chi」ではない。

 なぜ英語の発音がそんなに難しいのか、はっきりとはしないが、日本語や他の外国語が単語単位で発音されるのに対して、英語では文章単位で発音されるからだはないだろうか。

 力士初め日本語をほぼ完璧に発音し、文章もしっかりしている外国人が多いのに対して、英語をそのように英語らしく聞こえるように発音している外国人や日本人はいないと言って差し支えがないほどだ。

 ドイツ人、フランス人、ロシア人、その人たちの英語の発音も頂けない。必ず英語を母国語としていないと思えるような発音で、英語がいかに発音の難しい言語であるかの証明のようだ。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

二種類の嘘