経営講座 -人事ー その1

会社経営には種々困難なことがありますが、人事はそのうちの最たるものです。自分一人の所謂ワンマンカンパニーであれば人事の苦労とは無縁ですが、会社は一人では大きくなりません。また自分が病気になったときは誰も助けてくれません。

 結婚している人は配偶者をアシスタントとして雇用するということもできますが、これにはこれで他人を雇うより発生する困難が多いのです。そんなことは一時的な状態で長く続かせない方が会社の未来に取って賢明な場合がほとんどです。

 どんな人を雇うかが問題です。自分が思っている、経営の教科書に書いてある、そんな人はまず小さな会社には来てくれないと諦めなければなりません。一番に考えなければならないのは給料をできるだけ多く支給することです。

 逆から言うと給料を沢山出しても会社に利益の形で戻してくれる人を何とか探すことです。言葉を変えると高い給料を要求する人を雇えばいいのです。予想した額より低い額を給料として要求する人を雇って成功したためしはないと色々な会社の社長は言います。

 同じ職種で2倍の給料をもらっている人は3倍の仕事あるいはそれ以上の仕事をするものです。給料をできるだけ多く出そうと会社が考えているなら、優秀であればあるほどその人は会社を辞めることが少なくなります。

 しかしどんなに仕事ができても自分(社長)以上の給料を出してはいけません。これは誤解を生み、その人を慢心させるからです。よくそんな話を聞きますが、うまくいっていないでしょうと聞くと大概はその通りだと答えます。

 しかし女性は別のような気がします。前にも書いたかも知れませんが、女性はいつも自分自身を評価し、自分のことをよく知っています。もし会社がその女性の能力以上の給料を支給すれば、女性はそれを高く評価します。

 そして会社の待遇は良いと分かり、一所懸命働くようです。勿論例外はあるでしょうが、男性には必要以上の給料を出してはいけないということです。サラリーマンは所詮サラリーマンです。会社を創立し、リスクを取って仕事をしている訳ではありません。会社が倒産しても自分には損はないのです。しかしその人が会社を興すとサラリーマン時代以上の仕事をするのです。

 さて雇用することを決定するとここでも忘れてはならない重要なことがあります。面接ではその人の性格や能力を判定することは不可能だと思った方が無難です。

 大銀行では何度も面接をして身元の調査を行いますが、ほとんどの行員は無能です。ただ大組織で経営資金を貸し付けているという事実だけで仕事(営業の場合)をしている人が大半です。

 だから面接ではその人が優秀かどうか、誠実な人かどうかを判定することは不可能だと思った方がいいでしょう。判定するテストというのが売られていますが、そんなものを買うのは金を捨てるよりまだ悪いことです。

 不思議に一日でも一緒に仕事をするとその人が有能かどうかかなりな確率で分かります。面接される人は模範的な社員を頭に浮かべ、それに沿った受け答えをすることができるのです。私はサラリーマンとしては落第でしたが、会社の採用試験に落ちたことは皆無でした。こう言うのです。「この会社はどんな会社か分かりませんが、私は私なりにこの会社を儲けさせます」

 会社が判定する項目は2つあります。一つは性格で一つは目に見える能力です。どんなに優秀でもその会社にとっては悪魔のような人が存在するものです。それを廃絶しなければなりません。

 前歴で会社に刑事的な損害を掛けた人。例えば会社の公金を盗んだとか人とトラブルばかり起こす人。そんな人を雇うと社長は毎日悪夢を見ます。出張旅費を仮払いしながら出張に行かない人、在庫を盗む人。横領、背任行為はどこの会社でも日常茶飯事的に発生します。

 そんな人の採用を完全に防止することはできませんが、できるだけ少なくしなければなりません。それには保証人を2人用意してもらうことです。法律的にこの保証人には会社はほぼどんな保障も要求できませんが、心理的な観点で悪人を採用しないことを防止することができることがあります。

以下次項

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です