現代版悪魔の辞典3

同志 → 意見が同一だったが後で敵対関係に陥る二人以上の人

多分 → 後で責任を取らなくても済むように考えた言葉

量販店 → 売れるようになると値段を上げるつもりの安売り店

温存 → 使わないでしまっておくが役に立たないことが判明する行為

鈍器 → 歯が付いていない殺人道具

人体 → ソフト以外元のものが全て入れ替わる物体

親 → 物や金または困難などを与える社会上の存在

仕事 → いやいやながら時間と体力を金に換える行為

恥 → 人が何とも思っていない誤解

名前 → 人に与えられた符丁

真剣 → 一時的に活躍する脳の作用

あからさま → もう友好関係を維持する必要のない人に対する正直

牛肉 → グリーンピースは問題にしないが、不当に死に追いやられた牛の死骸

検査 → 人ができないことを機械にやらせる作業

オリンピック → 専門家のマネージャーが金を儲けるために観衆を集める祭

卑怯 → 頭が良い人が取る巧妙な手段

おもむろに → 動かしたくない体をゆっくりと動かす態度

漁師 → 小さい魚を他の大きい魚の餌に供しないよう防御する親切な人

快楽 → 後に苦がやってくる心の動き

舟 → 思わず秘密を運んでしまう運搬具

ワイン →食べられないほど不味い葡萄を食用に供するよう変形させた飲料

モデル → 自己の体の展示会の開催者

がめつい → ちょっと多い目に要求する行為の状態

雨 → 益になったり害になったりする天からの落下物

冷蔵庫 → 合成保存料の使用を少なくする装置

魂 → 活動する時に変身した心の状態

寿命 → 定められた期間があるが伸び縮みする生命の存在期間

立派 → 身体やその状態が大きいと誤認されること

煩い → 発声が正しく良く響く声が出る

腹 → 腸と外界との隔壁で愛撫の対象にもなる体の一部分

忘恩 → 脳の記憶装置を休めてやる動作

駅 → 電鉄会社が効率を考えて人を大量に集める場所

紙幣 → 新しいうちは使用するがとても古くなると売る物体

頑張る → 脳や体の無茶な使い方

漫画 → 文章を書いたり読んだりするのが不得意な人が使う手段

グローバル化 → 富を偏在させるための政策

裸 → 長年衣服に覆われていたので、体毛がなくなった状態

儀式 → 考えるのが面倒なので様式化して記憶に頼る方法

碁 → 今は豚になったが昔は優秀だった中国人の発明物

物質 → 釈迦と学者が解明競争をする対象

脱税 → 税務署との頭脳競争に勝とうとする行為

商売 → 物を高く売る詐欺

飛行機 → 時々落ちる空中走行船

被害 → 政府が補填してくれる経済上の損害

法律 → 一度制定されたら取り消されることがない邪魔な決め事

買う → 損を承知で思い切って金を相手に渡す愚行

作る → 時間を使って物を現出する愚行

肺 → 女性が息を吸うと男性が息を飲む隔壁の内部

苦悩 → 解決が楽しい心のパズル

遊園地 → しばしば男女が婚活を行う場所

表題 → 恣意的に書かれ内容とは関係のない表示方法

大学教授 → レッスンプロでトーナメントプロになれない一群の予備選手

うがい → 何の役にも立たない細菌除去動作

先生 → 名前を忘れた人に対する呼称

金メダル → 世界一の馬鹿者の証明

空気 → 適量だと体に良いが過剰に吸い込むと病気になる

写真 → 年取ってから見ると人をがっかりさせる表示方法

同窓生 → 有名大学だと時々贈収賄の相手方になる存在

階段 → 足に合わせて作った昇降施設

正体 → 嘘が見つかって真実が現れた姿

勇気 → 名誉のために体を犠牲にする行為

読む → 情報入手手段

書く → 手持ちの情報を開示する行為

国 → 戦争で変化する隣国との境界線の内側

岸 → 命が助かる地点

民 → 税金を払う人々

代表 → 目立つことにより損や得をする人

続く

酒巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です