身体の使い方

 体の使い方とはすなわちフォームのことである。スポーツ選手はこのフォームがしっかりしていないと良い記録が出せない。反対から考えればフォームを改善すれば記録は向上する。

 スポーツ選手がフォームを気にするというのは、フォームが良ければ体を動かす効率が良くなることである。同じ体力がある選手同士が競った場合はフォームの良い選手が勝つ。

 もう引退してしまったが、ウサイン・ボルトのフォームはほぼ完璧であった。今回負けたのは体力が大きく減衰したからである。フォームは健在であった。

 だから競技をする前からフォームを見れば大体どちらが勝つかは分かるものだ。水泳は日本でもフォームの大切さを教えていて、フォームがしっかりとしている。だから世界に伍して引けは取らない。

 人の体も自然の法則に従うのは当然である。フォームには梃の応用、力の伝わり方の法則が作用する。

 力は太い所から細いところへ伝えていくのが効率的で、力が伝わり易い。逆だとより大きな力を必要とする。

 だから力は大きいところから小さいところへ伝えると動きが楽になる。人の体で一番大きいところはどこだろうか。

 それは見れば分かる通り、胸板である。力が伝わるポイントを支点というが、力は胸板から発して四股に伝えていくのが良い。

 剣道、柔道、空手、ボクシング、相撲など手を使う競技は全てこの原理を応用すれば良いのだ。

 魁皇は白鵬より体力に勝った。しかし相撲では白鵬の方が強い。それは白鵬が胸板から力を発したのに反し、魁皇は腰から力を加えていった。もちろん運動神経の良し悪しも勝敗を決する大きな要素にはなるが、基本はどれだけ大きな力を出すかである。

 力は胸板の一番奥、即ち体の重心から出す。そしてそれを筋肉の筋から四股に伝える。腰、膝、足首は関節で、ここは上下の回転軸であるので、ここには力を入れてはならない。

 腰の関節は太いからどうしてもここに力を入れたくなるのだが、そうすると腰を痛める。魁皇は競技生活の晩年腰を痛めて相撲が取れなくなったのは、この所為で、これはまた記憶に新しい。

 宮本武蔵は二刀流であったと聞いているが、一本の腕で相手の二本の腕に対抗した。腕に力を伝える筋肉の使い方が天才的であったのだろう。

 腕は見ると上腕の方が前腕より太い。そして手はもっと細い。これは効率良く腕が使えるようになっているからだ。しかし胸は手と脚に力を加えていく支点であるので、なかなか使うのが難しい。ここがフォームの良し悪しを決める最大のポイントだ。

 歩くときや走るときの一番効率の良い方法は、胸板の中心を支点にして、尻、大腿、下肢、足に力を伝えていくことだ。そのときに腰や脚の付け根、膝、足首には力を加えてはならない。そこはロータリーで体の上下のバランスを取る役目を果たすだけである。

 そして最終的には力は全ての筋肉に均等に行きわたっているようにする。言うのは簡単だが、実行するのはそう容易いことではない。いつも練習していると感の良い人では2週間でマスターできる。その原理が分からないと力の効率的な使い方はできない。

 老人は脚だけで歩いている。アフリカのマラソン選手は胸から走っている。効率の違いが明らかだ。日本人のマラソン選手はアフリカ人には勝てない。フォームが違うからだ。駅伝などを見る機会があれば観察して欲しい。

 いつまでも歩きたければ上記のフォームをマスターして欲しい。このように体には効率的な使い方があるのだ。折角の人生いつまでも歩きたい。脳も同様、いつまでも使いたい。脳についてはまたの機会に譲る。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

事件への過剰反応

次の記事

パン