動物に学ぶ

 人は動物から進化してきた。そうであれば

人は動物が持つ特徴の痕跡を体のどこかに

留めている筈だ。

 進化してきた直前はチンパンジーだと言われて

いるが、そうでなくても高等動物であるのは

間違いのない事実であろう。

 そうであれば動物の保有する体の動きである

とか性格などを人の体のどこかに痕跡を残して

いる。

 人が進化することによって得た最大のものは

脳である。だが失ったものも多い。その中には

もし人が今も持続して保有していればとても役に

立つと思われることが多い。

 昔訓練した武士は敵が近くに寄ってきたとき

には、寝ていても目を覚ましたと言われる。だが

こんな才能はとっくの昔になくなってしまった。

 とは言うものの、そんな才能の痕跡はまだ体の

どこかに残っているらしく、訓練をすれば復活

すると期待できる。

忍者が言い伝えられるようなことをできたかどう

か疑問はあるが、その中には動物ができて、今の

人ができなくなったことも含まれる。

 そうであれば忍者ができたとされることはひょっと

して、訓練すればできることもあるかも知れない。

 動物の声は良い。人は言語を話せる能力を身に付けた

お陰で、良い発声は訓練しないとできなくなった。

有名のソプラノ歌手のマリア・カラスは演奏旅行のとき

はいつもカナリアを持って出かけたと言う。カナリアの良い

発声を真似たいからだ。

このように体の動きにはあれば良いと思うような能力が

あるが、別になくても現在社会においては困らないことが

ほとんどである。

 しかし脳は違う。動物の脳のように人の脳もそのような

作用ができれば良いなと思うことが多い。

 動物は現状を是認する能力がある。と言うか現状より

向上するということを考えない。人が現状を是認できて

その上で向上することを考える能力を身に付けていれば

ストレスはほぼ解消するであろう。

 ストレスとはどういうことであろうか。分析してみると

ストレスとは考えても改善できないことについて考える

ことにより発声する。

 考えないという能力は考える能力と並んで大切なこと

である。人はそのために色んな工夫をした。

 酒、たばこ、麻薬、座禅、旅行などは現状を一時忘れる

ための手段である。中には問題のある行為も含まれるが

人が現状から一時逃避するため、そんなことを発明した

のであろう。

 考えることは体を使うことだ。一日にほんの何分かでも

体を余計に使わない練習をしてみるのは有意義なことの

ようと思う。

 動物を観察して彼らの良いところを頂こうと思っている。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です