フリン氏偽証罪で訴追

 フリン氏がトランプのロシア疑惑をめぐる

捜査で虚偽の証言をしたという罪で訴追された。

 彼は大統領選中のサイバー攻撃を巡る対ロシア

制裁措置に関して激しい対抗措置を取らないよう

働き掛けたというのだが、我々にとっては

こちらの方が虚偽の証言よりよほど罪は重いと

思うのだが、アメリカでは虚偽の方を重くみる

ようだ。

 これを文化の違いと片付けるのは簡単だが、

アメリカが現在世界の経済や政治に関して

最大の勢力になっていることを考えればそれで

済まして良いとは思えない。

 日本には嘘も方便という言葉があり、これは

誤解されて使われているが、ある程度の嘘や

はったりは商行為を行うときには止むを得ない

と考えられている傾向がある。

 長年アメリカ人と取引していたが、彼らには

本当に嘘、はったりがない。年間50台しか

販売が見込めない機械でも100台売れる

だろうと発言するとそれを信じる気風がある。

 これははったりであるが、メーカーはその

販売予測に対して機械の増設を考えなければ

ならないし、それには資金が要る。

 ちょっとしたはったりが相手に大きな負担

をもたらすということを考えなければならない。

まして日本人同士では「騙された方が悪い」

などととんでもない発言がまかり通り、

それを良しとする商道徳もある。

 そんなことは国際社会では非常に嫌われて、

本当の意味の信用を獲得することができない。

 言いたくないことは「言わない」とか文字

通り「言いたくない」とはっきりと意思表示

すれば良いのだ。それを彼らは是認する。

 条約を交わしても批准という国会審議を

経なければ条約は発効しない。トランプが

TPPから脱退すると言ったが、日本は

それが法的に間違っているなら、「あんた、

可笑しい」と非難する必要がある。

 それを何の反論もなく認めてしまうことに

問題があるのだが、元々日本の政治家は相手

国の考え方をきっちりと把握していない。

 勿論韓国には韓国特有の思考があるのだろう

が、それが国際社会で通用しないのなら、そこ

を非難しないから相手が悪くても有利に振舞

われてしまう。

 今はキリスト教を信奉する国々が国際経済を

リードしているので、その考え方を考慮しなが

ら取引をしなければならない。

 もし今後中国が国際経済に今以上の大きな

役割を果たすのであれば、その長所、短所を

正確に分析して対応する必要がある。

 私は中国が国際社会で通用する商道徳を

持っていないと考えているので、彼らとは

取引をしない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です