キーワードは八百長

 今回の日馬富士の暴行事件についてはとても複雑に物事が錯綜している感があります。

 しかし一つのキーワードから読み解くと

とても単純な事件です。

 そう、キーワードは八百長です。大相撲

はかつて八百長問題で揺れ、二場所ほど

本場所がなかった時期があります。

 それを乗り越えて今の隆盛があるのですが

では八百長がなくなったかというとそうでは

ありません。

 今も厳然と八百長が行われて、相撲協会

が自己の利益のために目を瞑っているだけ

です。

 八百長は江戸時代からあり、大相撲を

真実のスポーツ競技と見るかは疑問です。

しかし非難を浴びながらも八百長を行う

メリットがあるのです。

 それは身体と金です。八百長をやらない

で、全て真剣勝負であると当然怪我が増え、

休場に追い込まれるのを力士は嫌がるの

です。

 もう一つの理由が金です。勝負はみずもの

です。上位の力士が勝つとは限りません。

ここ一番というときに八百長をやれば星が

稼げ、良い成績を残せます。

 特に優勝が懸かっている力士はもう圏外

に去った力士から星を買います。そうすれば

体力も温存できるし、必ず白星を手にする

ことができるのです。

 八百長には2種類あります。蒙古人どうし

は八百長をしているという噂があります。

 金で星を買う以外に片八百長があります。

上位の力士に優勝の目があるとき、下位あるい

は優勝の可能性が消えた力士は自分から負けて

やるのです。

 これが白鵬対他の蒙古人力士の間の八百長

です。しかし貴ノ岩はこの暗黙の了承の外に

いました。

 師匠の貴乃花親方が八百長を忌み嫌うのです。

初場所で貴ノ岩が白鵬に勝ち、白鵬は優勝を

逃し、ガチンコ力士の稀勢の里が優勝しました。

 これを白鵬が恨みに思い、日馬富士がそれこそ

忖度して暴行事件を起こしたのです。

 蒙古人力士同士の八百長は日常茶飯事的に

発生しているとみます。

 外国人力士と日本人力士は力士になる動機

が違います。外国人力士は金のために相撲を

取ります。日本人力士の入門の動機は名誉です。

 相撲協会の考えていることも金です。八百長

をしようが、相撲人気が盛り上がれば良いの

です。

 彼らには八百長を失くそうとする気持ちが

ありません。金、金、金です。現理事長の

八角親方には公金使い込みの疑惑があります。

 噂のレベルですが、噂が出ること自体何か

あるのです。昔の双葉山が理事長時代に

そんな噂があっても誰も取り合いません。

 金と言えば巡業の多さ。週に5日ですよ。

力士はあんな過酷な労働をしながら、さらに

ほぼ毎日巡業に出なければなりません。

 ところで巡業での取り組みにはガチンコが

ありません。全て八百長なのです。ですから

力士はいつも八百長の練習をやっているのです。

 八角理事長は八百長で横綱になり、八百長で

優勝した力士だったのです。日馬富士の親方の

伊勢ケ浜も現役時代、八百長をよくやりました。

 横綱審議委員会、危機管理委員会、評議員会、

相撲記者クラブ会友などの相撲協会の下部組織

も怪しい。このメンバーたちも相撲が隆盛で

あれば何等かの利益にありつけます。

 だから一時的にも相撲人気が翳ることを嫌います。

貴乃花の行動には非難が集中するのです。

 金がなければ生活ができません。しかし金の

ために仕事をするのと、良い仕事をして結果と

して金が付いてくるのとは違います。

 外国人力士を引き入れると日本の相撲道が

廃れます。もう外国人力士を採用するのは

止めましょう。相撲が面白くなくなります。

 国技でしょう。どうして外国人力士が必要

なのでしょうか。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です