薬局によって違う薬価

 病院で診察を受けて対応する薬の処方箋を貰う。それを近くの薬局に持っていく。薬局はビジネスだから勿論料金を取る。当たり前のことを書いたがここからが少し違う。

 薬局によって支払う料金が違うことを皆さんは知っているだろうか。保険調剤明細書を見てみよう。私は薬局では薬価を支払うだけだと思っていたが、それは大間違いだ。薬価以外に調剤基本料、後発薬品調剤体制加算、基準調剤加算、薬剤服用歴管理指導料、内服薬調剤料、外用薬調剤料などが加算されて支払わなければならない。薬手帳を持っていくとその分割引になる。

 調剤基本料というのは薬を在庫から探し出して、薬を特定して客(患者)に渡す料金である。後発薬品調剤体制加算はある程度以上の後発薬品(ジェネリック薬品)の在庫を持っている薬局が在庫負担の必要資金の一部にするためのものだ。

私はジェネリック薬品を服用しないことにしているが、そんなこととは関係なくこの料金を加算される。

 向精神薬加算、薬歴指導料、調剤技術料、薬学管理料、薬剤原料加算、調剤料、基準調剤加算、その他地域振興何とかというのもある。即ち、薬局の恣意的な方針で思うままに料金を徴収するのだ。

 普通の薬局に行って風邪薬を買ってもそんな指導料や、管理料は取られない。もし取ると誰もそんな薬局で薬を買わなくなるが、調剤薬局だけは医師や病院と直結しているという患者の精神の在り方を考えてこんな料金を加算しているのだろうか。

 そう言えば薬を薬局で受け取る時か、処方箋を渡す時に「その後お変わりはありませんか」などと聞かれるので何も考えずに「大丈夫ですよ」とか答える。それが調剤指導料に当たるのだろうか。医師でもあるまいし、「いや最近具合が良くないのですが」と言っても何の指導もないことは明白である。

 これら調剤薬局は勿論調剤などしない。処方箋に基づいて単に在庫にある薬品を売るだけだ。それなのに、どうしてこんな余計な料金を課すのだろうか。

 そう言えば先日は薬品の量と服用の仕方を間違って私にはなしたので、こちらがそれを指摘して訂正させたことがあった。それでも指導料を徴収する。そんな料金は支払いたくないと言えばどうなるのだろうか。

 意地悪な心で言っている訳ではないが、あまりにも不透明な料金体系に唖然とすること夥しい。勿論薬の値段には薬局の利益が含まれている。一体どういう理由に基づいて上記の加算金を徴収するのだろうか。

 確かに医療に政府は多大な出費をしていて気の毒に思うが、この薬局の料金体系と政府の施策には何か繋がりがあるのだろうか。ジェネリック薬品は比較的安価で政府は医療費を抑えるために、ジェネリック薬品の服用を奨励している。

 それに基づいて薬局では必要なジェネリック薬品を在庫しているが、それは私には何の関係もない。このタイプの薬品は先発品と比べると品質も製造方法、使用材料も違う。先発のメーカーは薬品の組成の全てを明らかにしていないので、肝心な部分が違うことが考えられる。

 例えば吸入剤であれば気管への付着効率も違うし、胃や腸での吸収割合も同一ではない。だから私はジェネリック薬品を使わないのだが、政府は薬価が低いというだけの理由でジェネリック薬品を勧める。

 我々の対抗手段は少しでも安い薬局から薬を貰うというだけである。貰うという言葉を使ったのだが、正しくは薬を買うことである。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です