大相撲協会という会社

  団体名はどうあれ、社会的に見れば大相撲協会が会社であることは間違いない。理事長という名の雇われ社長がいて、その下に役員、コンサルタント、社員がいて、それぞれが給料や報酬を受け取っている。

 この会社は中堅企業に相当する規模であるが故にきっちりとした経理処理を行い、税務申告を行っている筈だが、税務調査が行われたと聞いたことがない。それに谷町と言われる金持ちからの寄付は税法上は課税対象になる。これに課税されたことはない。

上司は日常のようにパワハラやセクハラを行い、過去には死亡事件も発生している。最優秀の社員と言える白鵬は確かに強い。その理由はここでは言及しないが、この強いが故に会社の規則を守らないことも多々ある。相手が敗北しても更に攻撃を加え無抵抗な相手に暴力行為(負けた力士を土俵外で更に駄目押しをする)。またかちあげと称して相手が脳震盪を起こすような行為にも及ぶ。

 かちあげは禁じてとはされていないが、それは相手の体勢を崩すのが目的で失神させるとなると、これは禁じ手である。社長及び幹部社員はより多くの収益を上げるためにこんなことには目を瞑っている。

 またこの競技は真剣にやると怪我をする可能性が高いので、江戸時代から八百長がまかり通っている。八百長は今も続いていて、会社自らが認めたこともある。それから2年ほど、江戸時代から続いた八百長が根絶されたと考えるのは幼稚過ぎる。

 相撲という競技は裸同然の恰好をして、できるだけ体を太らせ、自らを見せ者にしなければならない。日本人が貧乏だったころとは違い今は運動神経が抜群で体力のありそうな人も貧乏ではない。この人達は馬鹿らしくて相撲の世界に入っていかない。だからモンゴルなどまだ貧しい国の体力のあるものが入社して、競技を行う。そしてその人達の成績が良い。

 八百長が続いている現在、どうしても同郷同志は結束して強いものは片八百長や星の売買で優勝をし、より高い地位に登ろうとする。いっそプロレスのように競技ではない見せものに変身すれば全て解決するのだが、あくまでフェアな競技の体裁を作ろう。

 それにはいくつかの理由があるが、最終的な目的は社長初め幹部社員の自己の収入に他ならない。見世物だとするとプロレスには勝てない。とうとう国技だとして、この競技に箔を付けた。週刊誌はときどき八百長のことを報道するが、八百長はないと信じたい相撲ファンはそんな事実に目を瞑る。

 この会社はブラック企業で社長が会社の金を着服したとする噂がある。噂はあるだけで劣等である。例えばトヨタ自動車が倒産するとの噂をする者があっても、その者は嘲笑されるだけで噂を仕掛けても馬鹿にされるだけだ。だからトヨタ自動車倒産などの噂は立たない。

 そんな会社のやり方、考え方に疑義を唱えるとその役員はボイコットの対象となり、実際この会社に辞表を提出した。それが貴乃花である。社会の悪風習を打破するには周到な準備と巧妙な方法を取なければならないのだが、不器用な貴乃花はストレートに抵抗した。

 それでは上手く行かないのは世の常であるが、そんな不器用でも正義のためにものを言った貴乃花を孤立無援にさせて良いとは思わない。

 ところで今の理事長、四股名北勝海はより強い千代の富士の陰で八百長し放題の力士だった。見ていた私はどうしてこの力士が横綱になれるのか不思議だった。千代の富士にも八百長が多く、兄弟子譲りの八百長相撲をすることや無視することは練習済みだ。

また巡業では全てに試合は八百長である。見ている人は八百長であるのは分かっているが、巡業場所でのこと誰も咎める人がいない。だから力士はやろうとすればいつでも観客に分からないように八百長をすることができるのだ。

偉大だとされている大鵬も八百長をしたし、貴乃花は親方から兄の若乃花に負けてやれと言われ、それが故に今も母や若乃花とは口もきかない。愚直過ぎると言えばそれまでだが、日本社会そのものが八百長だらけだ。

しかし古今八百長をしない力士もいた。雷電、双葉山、栃木山、谷風、初代若乃花、栃錦などは八百長をしなくても良いくらい強かった。今や相撲界に怪物のように強い力士がいなくなった。白鵬の41回の優勝の内八百長を一度もやっていない場所があっただろうか。

それにほぼ全ての力士に怪我がある。原因は種々言われているが、相撲協会はこの怪我の撲滅に対しても手を打たない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です