先発医薬品と後発医薬品(ジェネリック)

  今までにないある病気の治癒に有効な医薬品を開発するには、優秀な開発者が長い年月、莫大な費用を掛け、厚生労働省の多分不必要な事項も含まれる検査を通過しなければならない。

 勿論新薬に関しては特許を取得する。特許は毎年特許保持費用を支払わないと無効になるので、この費用も馬鹿にならない。しかし例えばグラクソ・スミスクラインの喘息発作防止薬のように喘息患者の苦痛を嘘のように除去する作用を持つ医薬品を開発すると利益も大きいし、患者にはとても感謝される。

 特許期間は15年である。長いようではあるが、新薬を開発することをメインにしている会社に取ってはあっという期間に感じるであろう。特許が切れるとその特許の内容に基づいて後発医薬品が作り出されるし、特許存続期間中に特許権使用料を支払って類似薬が生産される。これがジェネリック医薬品である。

 最初に開発した会社は自己の開発した医薬品の特許が永遠に存続して欲しいと思うものの、そんな制度を設けると社会に貢献しないし、薬価も高止まりする。種々の理由で特許期間は15年と定められている。

 世界には特許協定があり、グラクソ・スミスクラインのようにイギリスに本社がある会社は各国で特許を取得するのだが、例えば韓国にように特許条約に加盟していない国もあり、特許を取得する際にはそんな国は除外される。

 しかし特許を持つ会社はそんな国で類似医薬品を作られてはたまったものではない。違う法的な手段を講じて阻止する努力をする。

 日本にも後発医薬品の製造を専門にする会社があり、盛んにテレビ宣伝しているが、そんな後発医薬品の薬が安価だとしても飛びつく前に考えてみよう。

 確かに薬価は先発品より安いので国も使用を奨励している。私は昔サラリーマンだった時代に特許関係の仕事の担当をしたことがあり、特許を取得する会社がどんなことを考えているか分かる。

 医薬品を含む化学薬品は複数の成分により構成される。中には微量しか含まれていないのに絶大な効果を示す成分があったりする。こんな場合特許を取得する会社はこんな成分が含まれていることを明示しないケースもあるだろう。

 ある化学薬品の成分を検出するにはガスクロマトグラフィーという機械を使用する。確かに検出できる可能性は高いが、それには重大な条件があるのだ。特定された成分を検出することができても、その薬品にどのような成分が含まれているかは調べることができない。

 例えば上記のグラクソ・スミスクラインの喘息治療薬は吸入することにより気管や気管支に薬剤を塗布する仕組みで喘息の発作予防をするのだが、塗布効率が他の会社のものより格段に高い。だから添加剤が違うのだろう。

 従って同じ量の有効成分を吸入しても効果は全く違ってくる。また未知の成分も含まれているのか、他剤より利き目が高い。

 国は莫大な費用を掛けて保険制度を維持しているので、ありがたいと思うと同時に大変だなと計算する。だから少しでも安い医薬品(ジェネリック医薬品)を使って欲しい気持ちは充分に理解できるか、自分の体を犠牲にしてまで、他者の利益を優先することには踏み切れない。

 沢井製薬などはテレビで自社の製造したジェネリック医薬品がさも他のものより優秀であるかの錯覚を起こさせるコマーシャルを打っているが、そんなことはありえない。

 研究開発費も掛けず人のふんどしで相撲を取るような会社には苦々しい思いしか湧いてこない。因みに上記グラクソに医薬品のことを問い合わせる電話をしたことがある。するとその医薬品は他社のものであったのだが、その会社のお客様サービスセンターの電話番号を教えてくれる親切心を見せてくれた。

 そこに電話をして聞いてみたが、私の欲する答えは得られなかった。この喘息治療薬は確かグラクソが開発したのだと記憶しているのだが、サービス面においても大きな違いがある。

 私のおくすり手帳の表紙には「ジェネリック医薬品は処方しないで欲しい」と記して、後発品は一切使用しないことにしている。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です