また肺炎になったと言われた

  先週の土曜日から風邪気味で手持ちの風邪薬を飲んでいた。風邪に効果のある薬は存在しないから風邪の諸症状を軽減するためくらいの軽い気持ちであった。

 土曜日にはどうも熱がないように感じたので体温も計らなかった。日曜日には夜飲みに行く約束があって出かけたが、辛くもなかったし、ワインを半分くらい飲んだ。

 月曜日には医者に行こうと考えていたが一日中仕事をしていてすっかり忘れてしまった。夜になると寒気がするので、布団を多めに掛けて寝た。熱は最高で37度くらいだった。昨夜のアルコールが良くなかったのだろう。

 火曜日は自分で車を運転して医者に行った。車で20分くらいか、この日は患者の数は少なくすぐに診察室に呼ばれた。症状はただ「風邪」だと告げると聴診器を当てて、右の肺の音が気になる。レントゲンを撮って来て欲しいと言われ一旦診察室を出た。

 撮ったレントゲンは二枚、私も見た。一か所くもっている。悪いがCTも撮ってくれとのことでまた診察室を出てCT室に入った。

 結果はやはり肺炎とのこと。帰宅してからすぐに肺炎を治す抗生物質を二錠飲みもう寝た。時々起きてはコンピューターで仕事もしたし、肺炎のことを調べようと考えた。余りにも症状が軽いからだ。そのときは走れと言われれば走る気力もある状態。

 普通の風邪と肺炎の違いが出ていた。肺炎では38度以上熱が出る。食欲がなくなり嫌な色の痰も出る。どの症状と比べても私の状態とは違う。ここで診断に疑問が起こった。

 そう言えば去年インフルエンザに罹ったときも肺炎と言われてレントゲン、CTで検査したな。その時もあまり辛くはなったなと思い出した。本当に肺炎を起こす菌(肺炎球菌は原因の25%)が存在するかどうかの検査もしなかった。

 ここで故意による誤診と判断した。どうせ風邪でも肺炎でも抗生物質を処方する。体に悪戯はしない。CTは高価な機械。リースにせよレンタルにせよ、病院は元を取らなければならない。その費用を稼がれたのではないかというのが私の分析。

 症状があまりにも軽すぎる。最近肺炎になった同年の友達は一か月も入院して、肺炎で死亡する原因は食欲が全くなくなるからだと言っていたのを思い出した。

私の食欲は普段と同じだ。

 肺炎と診断した医師には喘息の治療もしてもらっている。診断も丁寧でやるべきことはきっちりとやるし、知識も深い。信頼していたので前回肺炎と言われたときには信用していた。でもこうなると喘息の診断も任すわけにはいかない。

 医者には過去に何度も迷惑を掛けられている。能力不足による誤診、故意に病気を作る医師、検体の取り違えで癌にされてしまった妻、本人確認しないで病気にされたこと。数限りがないので最近は医師の能力と人柄のテストをやってから診断を継続するかどうかを決めている。

 なに医師の能力テストなど簡単だ。どうせ人体の制御機構など分からないので、例えば遺伝子異常がどんな機序で喘息を起こすのか聞けば良いのだ。分からないと言う医師にはどこまで解明されているのか追っかけて聞く。そんなやり取りをして分かる範囲で答える医師は大体大丈夫である。

 横柄な言葉付きをする医師は論外である。近所の歯医者に行ったときこんな会話があった。「いつから痛いの。どこかね」。私「昨日から、ここです」医師「そう、どのくらい痛いの」。これは駄目だと思った。で「先生、あなたは患者にいつもそのような言葉付きをしているのですか」と問うと「そうだよ」私「私はあなたの2倍くらい生きていてこちらが客でしょう。社会常識から判断して自分の言葉付きがおかしいと思わないのですか」医師「では帰りますか」私「勿論です。まともでない人とは取引はしません」

 そんな話を妻は嫌がる。しかし医師には体を任せている。信頼のおけない医者には大切な体を預ける訳にはいかない。最近病院では過度に丁寧な言葉を使う。「・・・様」とか。デパートではないし、これも嫌だがもうこれは社会風潮だ。

 これで私はまた一つの科の病院難民になった。この医者は信用していたのでとても残念である。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です