対韓国おもしろ政策

 米大統領のトランプ氏の奇妙奇天烈なあるいは思い切った政策について、反対する人も多いし、案外賛成する人も多い。

 利己的で何の根拠もない政策発言をする韓国政権に対して、この奇妙奇天烈という部分だけを取り出して、日本の取るべき政策を10連休という暇に任せて作ってみた。韓国国民は政治家の犠牲になっているという考えを基本に置いた考えである。

韓国の国民は一定の条件の元に無条件に日本の国籍を取得することができることとする

日本は人手不足であり、韓国では大学卒が就職できないことが多い。その両国の状態を一挙に解決するのには良い方法ではないかと考えている。

 その結果韓国では高齢者だけが残り、国力は衰退するだろうが、これは国際法違反ではない。

 案外韓国でも高齢者の画期的な活用法を見出すことができるし、国民は喜ぶのではないか。

 このようにして韓国は実質、再び日本の一部になるのだ。

韓国関連の報道の禁止

 韓国は様々に暴言を政治家が吐く国であるし、国際法などを一切蔑ろにする政策を取る。これに対して日本政府は実質対抗策を取る反面、韓国に関する報道を一切してはならない制度を施行するのだ。

 メディアが視聴率や自紙の売上を上げんとして報道を過熱あるいは一部報道をして結果国民に誤報をもたらすことはこれまでも多くあった。

 そして韓国のことを報道することによって日本の無知な人たちに嫌韓意識が芽生える。迷惑するのは日本政府、国民、韓国国民である。

 報道を失くせば日本国民の韓国に対する関心はなくなり、嫌韓であることも防げる。

3. 韓国との戦争に関連する全ての影響は終結したと宣言する

 現実に賠償すべきことは全て実行したし、それ以上に援助も行った。しかし何かでっちあげたネタを口実に何度も日本に暴言を吐き、暴論を実行しようとする韓国政府は日本に取って有害である。

 従って今後何を言ってきても上記宣言をして取り合わないという政策は有効であろう。これも国際法違反ではないし、韓国はどこに提訴しても負ける。

過去の慰安婦関連発言や報道は虚偽であり、撤回すると宣言する

 元韓国人(当時は日本人)売春婦は確かに存在したし、元から日本人である売春婦も同時に存在した。

 しかし済州島から軍部が強制的多くの無垢な少女を連行し、売春婦にさせたという事実はない。これは当時韓国人報道関係者も認めたし、日本人報道関係者も追認した。

 だが朝日新聞は吉田清治という詐欺漢が表し、出版されてしまった書籍だけを根拠に強制連行された従軍売春婦が大勢いたと報道したのがこのことに発端である。

 吉田清治をいう男は日本国に多大な不利益をもたらした人物で麻原彰晃に比することができる悪人である。

 それをあたかも真実であるかの報道を垂れ流した朝日新聞は売国新聞であり、早急なる廃刊、倒産を望みたい。

 そこで日本政府は本慰安婦問題が全て虚偽または過誤に基づいてなされたとして、過去の政府発言を全て撤回すると宣言する。

 しかし今まで行ってきた慰安婦関連事業の結果の遡及的返済権は放棄する。

 韓国および日本の売春婦は職業として売春を行って、他の職業に従事する人たちに比較にならないような高額な収入を得ていたのだ。それらの人は自主的に売春婦になったのであって、軍部に強制的に徴用された訳ではない。

5. 真実と証明されたこと以外あるいは解決済みの件に日本は何の保証もしないし、責任もないとする

 かつて韓国は種々のでっち上げや、すでに解決済みの件を蒸し返し、両  国に徒らに嫌悪感を醸し出す。韓国の政治家は国民のためではなく、自己の利己的な利益のためだけに出鱈目な発言、政策を発動する。

 これらを日本政府は一切無視して、それに対する公な発言はしない。これも両国民のためにならない。

6. 大使館事務部門は韓国に置くが、大使は不在とする

 本来は国交断絶を宣言、実行すれば良いのだが、北朝鮮問題があり、それは中国やロシアとの問題に不利であるのでできない。

 しかし実質国交断絶の状態を作りだし、貿易は禁止する。しかし韓国観光客は受け入れれば良い。彼らは日本の真実の姿を知る手立てである。

良い隣人がいると生活に何の蟠りもない。しかし転居が大好きな私には引っ越しする先々で困った隣人がいた。その人たちは他の隣人とも問題を起こし、いわば厄介ものだ。

ヨーロッパには戦争がなくなり、アメリカの隣人はアメリカが強大過ぎて嫌がらせもできない。結果的には有効的な関係が結べる。

日本も韓国と比較すれば強大で韓国政府とどんな形の関係も結べるはずだ。日本政府は今回戦争に負けたので、遠慮することが多く、戦後70年以上経った今も戦争の影響を引きづっている。終戦処理が済んでいない国は別として、ぼちぼち戦争終結宣言をするべきだ。

国際法的にはもう終戦宣言は済んでいるが、それがまだ浸透していない。だから終戦宣言の再確認という形でも良い。何かの形でそれをやるべきだ。

韓国以外に日本を嫌う国はもういない。中国もアメリカに虐められて日本に助けを求めに来ている。

馬鹿な隣人政府を少し懲らしめるべきだと思うのだが。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

見果てぬ夢

次の記事

病気と進化