コロナ新規感染者数

 新聞やテレビによると昨日もコロナの感染者数が300人を超えたとされている。何故こんな誤報道が意図的になされるのか。過度な恐怖感を与える。

 適切な言葉で表現するとそれはコロナ感染確認者数だ。感染者はもっといる筈だし、検査数が増加すると感染確認者数は増えるに決まっている。

 それを故意に感染者数とする意図はどこにあるのだろうか。テレビは視聴率、を目的にしているし、新聞は購読者に新聞の報道の価値を高めて購読者を逃がさないようにしているに過ぎない。

 こんなに経済が減速したのはマスメディアの所為だとまだ気づかないのか、それとも自分たちの利益だけを考えて行っているのか。

 アメリカの経済は上昇に転じたというのに日本の経済は低迷していて、20%以上GDPが減少した。

 私の回りでも仕事がなくなった人、会社が閉鎖に追い込まれた人、行きつけの店が閉店したのを見るにつけ、マスメディアの責任を問いたい。

 メディアには報道の自由がある。しかし無制限な自由などどこにもない。メディアの自由は正しい報道をするということが前提になっているのはメディア自身が良く知っている筈だ。

 韓国との所謂慰安婦問題は朝日新聞がでっち上げた。それに対して朝日は紙面で謝罪をしたがほんの小さいスペースを割いたに過ぎない。だから日本人の中にも本当に戦争慰安婦がいたと信じている人が大勢いると思う。

テレビで感染確認者数と正確に報道しようとしているキャスターも番組を進める過程でその正確さを隠し、コロナ感染者数と言葉を改める。

行政担当者が無能だということは確認できた。政治家や官僚はこの非常事態を招いた責任を取ることができず、右往左往するばかり。

第一新聞やテレビ局の数が少なすぎる。アメリカを褒めるつもりはないが、新聞の数やテレビ局の数は日本の10倍以上あるだろう。

だから多方面の意見を聞くことができる。だが日本のテレビ局は今ほとんどの局がプロ野球を放映している。

それはそれで結構だが、どうしてそこに偏るのか。ただただ視聴率を稼ぐために他ならない。だがそんな方針はやがて自分たちを自縄自縛に追いやるだろう。

本当に社会に役立つ報道をすれば新聞も生き残れるだろうが、そんな方針は出て来ない。そんな新聞社の方針に反論した有能な記者は干され、社を出て行く羽目になる。

日本は未開国ではない筈だ。それなのに徳川時代と変わらないルールを社に設定し、末端の記者には意見を言う場がない。

ネットで拡散される情報にも問題があるだろうが、新聞社の数とは比較にならないほど発信者の数は多い。だから色んな角度からの情報を入手できる。そんな点を考えると新聞、テレビはやがて消え失せるかほんのこじんまりとした存在になるのは間違いない。

そんなことを分析すると今世界を引っ張っているのはアメリカでしかない。大国であるという側面だけではなく、そこには種々の意見が述べられ、自由なダイナミズムがある。

もちろん大きな新聞社は左翼的ではあるが、そうでない新聞社はいくらでもある。日本では左翼的ではないのは産経新聞くらいか。

日本はルール社会だ。だがコロナで社会の秩序が混沌としてた現在、そんな旧弊なルールはもう通用しない。

来年までコロナ禍が終息しなければどうなるのだろうか。コロナ関係の自殺者はコロナで死ぬ人より多くなるだろう。

そんな事態は想定できるが、行政の担当者や、マスメディアはどのように受け止めるのか。

新聞社も倒産する可能性もあるだろう。自社の社員を社はどのように扱うのか。上層部は無能であろうし、対策はある筈がない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です