ごみ屋敷と東大合格

 一見何の脈絡もないようなこの二つのテーマ。実は大きな関係があるのです。ごみ屋敷にしてしまう人も東大に合格する人も原因は母の教育から発生しているのです。

 母親が怠惰で、片付けなければならない物をそのままにしてリビングや廊下に物が溢れている家庭で育つとごみ屋敷の主人になる可能性が高くなります。

 もちろんそんな人が必ずそうなりはしませんが、ごみ屋敷を作った人の母親はそんな人が極めて多いという事実が浮かび上がります。

 現在の東京大学の入学試験に合格した人が必ず頭が良いとは限りません。ただやらなければならないとされていることは何の疑いもなくやり遂げるのです。

 これが母の指導のたまものでしょう。ただ間違ってはいけないのが東京大学出身者は頭が良いかというとそうではないことです。本当の頭に良い東大出身者はあまり受験勉強をしなくて試験に合格したような人です。

 もちろん生まれたときから持っている遺伝子も性格や行動に表れてきますが、それは一部です。その人が成人して表す性格は母親譲りが大半なのです。

 約束をきっちり守る人、いつも人に騙されている人、お人好し、清潔感の漂う人、性格の多くが母親由来なのはあまり気が付いていません。

 そこを考え、母になる人は自分の行動を子供がいずれ真似ると思って身を慎むべきです。子供がお腹の中にいるのにグルメをするため出かけるなどは良くありません。

 実は美しい物ばかりを見ていると子供は美しく生まれるという言い伝えもあり、それはどうも本当らしいのです。だから精神的にも美しいことを考えている人の子供は母親同様に美しい考えを持つものです。

 人と仲良くなる。他人の気持を考えて行動する。親切だ。順序良く行動する。こんなことが全て子供に伝わっていきます。そうするとその子供が会社で仕事をするようになると、人に好かれ、会社での地位も上がるのが早いでしょう。

 私が乗る電車で若い女性が老人に席を譲るのを見たことはほとんどありません。男性は時々そんなことをしますが、そんな女性が母親である子供は一体どんな大人になるのでしょうか。

 義務を先に果たすというのは損だと思っている母親はいませんか。義務の裏には権利があり、またその逆も真です。

 権利ばかりを主張する人には必ず何か後で損をするものです。老人に席を譲る人は会社でも好かれ、良い人と巡り会って結婚をするでしょう。

 そんなことをしない美人はどうも敬遠されています。美しくても魅力がないのでしょう。他人に親切にする人はお客さんの要望を察知して商談がまとまるケースが増加します。

 それらの性格は全て母親譲りなのです。我先に電車に乗り込んで席を確保する人、見難いですね。・・・ちゃん、早く、ここに座りなさい。そんなことは止めましょう。貴方の子供はリッチにはなりませんよ。

 性格の悪い芸能人はいずれ干されます。あるいは寂しい老後を過ごすでしょう。そうなればもう遅いのです。母親の教育が悪ければそれを治す努力をしましょう。年もそんな努力をすれば貴方の性格は改善されます。

 少しずつ少しずつ改善するのです。一挙に改善するのは無理です。嘘を付きたい場面で嘘を付くのは止めましょう。小さな嘘はあまり役に立ちません。だからそんなことをしないで、違う方法で問題を解決すれば良いのです。

 約束の時間には少し早めに行く努力をしましょう。たった5分ですよ。出来ないわけがありません。支度を5分だけ早く始めれば良いのです。

 もちろん父親の姿も子供は観察しています。勇気や義侠心のある父親の子供は社会に出たら、父親の美点が自然に現れます。

 お母さん、お父さん、貴方の仕草や考え方は3代、4代と続くのです。ちょっとしたことで良い家系を作るのは楽しいことではないでしょうか。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

村の船頭さん