30年先を見て行動しよう

 戦前東京大学の卒業生の中で優秀な成績だった人は石炭関連の会社に就職したものだ。だが世の中が変って石油時代になり、威張っていた石炭族は石油族に小さくならざるを得なかった。

 東京大学を卒業するということは将棋の世界で比較すると初段程度か。もちろん大きな大会には出ることはできないし、努力はこれからだ。

 日本一優秀な大学を卒業して人も社会の変化、変遷程度も見抜けなかった。だから彼らは当時隆盛だった石炭業界に身を預けたのだ。だが世の変化は彼らに冷たかった。

一時色んな意味で人の噂になった「赤井電機」という会社があった。仕事中にたばこを吸うとその分の給料を減らされたなどと報道された。

 嘘か本当か知らないけれど、それほど会社は忙しかったのだろう。今その会社はまだあるのだろうか。最近は名前も聞いたことはない。

 ついこの間まで就職先として多くの人が希望した銀行はどうだろうか。メガバンクがこぞってリストラを発表し、学生の人気は落ちた。銀行は今斜陽産業である。銀行は豊富な資金と人材や官庁との繋がりがあるのに、首脳陣は社会の変革に会社を併せることができないほど、無能なのだ。リストラをやり続けていても解決にならないのを知らないのか。

 今隆盛を誇っている会社も30年後はどうなっているか分からない。誰も予想はできない。だがある程度のことはうすぼんやりと見えているだろう。学校を出て長く同じ会社で働くつもりなら、その会社の30年後の状態を予想しなければ損をする。難しいことだがこんなことを考えるのと考えないのでは自分の将来が大きく変わるだろう。

 結婚相手もそうだ。例えば野球選手がニュースキャスターと結婚する、30年後それぞれに相手はどうなっているだろうか。野球選手は監督になっているかも知れないが、野球界とはもう関係がなくなっているかも知れない。

 ニュースキャスターは美貌をまだ保っているだろうか。まだ仕事があるだろうか。30年後は全く違う世界がその人達を待っているはずだ。

 中国という国はまだ存在しているだろうか。アメリカはまだ経済大国だろうか。韓国はその時もまだ他国と諍いを起こしているのだろうか。北朝鮮のキンは生きているだろうか。大体政治家という特殊な職業はまだ存在しているのだろうか。

 人はまだ戦争という事変はまだ起こすのだろうか。今弱小国はどのように経済を維持できるのか。ヴェニスは水没していないだろうか。観光という遊びはどうなっているか。

 AIは特殊で有効な人に変って仕事をする装置とされているが、今までの機械と変わるところはない。ただコンピューターの指令による作動するだけで、やはりその作動のプログラムは人が作るものだ。人の精神はどのように過剰な機械文明と折り合いを付けていくのだろうか。付けられるのだろうか。

 現在大都市の限られた地域の地価が急騰しているがその他の地域の地価は下降気味だ。土地神話はなくなった。30年後はどうだろうか。今度できる東京

の日本一高いビルも老朽化しているだろう。

優秀な大学へ入るには記憶力を鍛えなければならない。だが記憶力は現在存在するものに関しての知見に過ぎない。今までない未知の社会や未知の技術。それに対応する力は記憶力でなく、思考力、創造力である。優秀な大学を卒業することは今後も人生を豊かにするツールであり続けるだろうか。

日本の人口は減りつつある。だが世界的に見ると人口は急激に増加している。この現象によって世界の知的レベルはどうなるのであろうか。レベルが上がると世界全体が富むが逆だと貧困割合が多くなる。

 日本の大企業の社長や役員はアメリカに比べると相当レベルが低い。大会社の経営者になるにはアメリカでは頭脳を使い、活動競争に勝ち抜かなければならない。それに対して日本はまだ学歴や穏やかな人柄が基準になっている。そんなことが30年後も許されるのであろうか。

 誰もが年を取る。今できていたことでも30年後はできないことが多い。だが能力が増す体の部分もある。それは脳である。脳を如何に鍛え、使用するか今から30年後のあなたの生活に大きな影響を与えるだろう。

 貯金をし、老後に備えるのも良い。だが一番の稼ぎ頭は自分の頭脳ではないだろうか。平均年収500万円の人は老後どのくらいの貯金を残せるのだろうか。それより頭脳に投資して、老後という観念を消去して体が動く限り働くのが良いとに考えられないか。

 30年後日本は相当変わっているだろう。会社も人も変化するだろう。あなたは小さくても変化を起こす主体であってもらいたい。

 あなたが今22歳なら30年後は52歳。働き盛りで子供がいる人も多いだろう。今40歳の人は70歳。まだ体は元気だが、気力は減衰しているだろう。30年後のあなたを決めるのはあなただ。何も考えないで現状肯定派で良いのだろうか。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

政治家とは何だ