オリンピックマラソン開催札幌決定

 オリンピックは誰のためにあるのか。もちろん選手のためにあるだろう。観客は選手が今まで練習していた結果を競い合うのを見て、感動し、そして選手の心の一部でも垣間見てその苦労を称える。

 東京オリンピックではマラソンは東京で行われることが決まっていた。選手はそれに基づいて練習してきたであろうし、突然開催地を札幌に移すとIOCが決定しても迷惑するのは第一に選手だ。

 何故IOC は突然マラソンの開催地を札幌に変更すると言ってきたのか。ドーパの高温に耐えきれず、途中棄権する選手が続出したというのがその表向きの理由である。

 だがその前に法的な観点でものを考えてみよう。オリンピックの規則がどのようなものか我々は知らされていないが、IOCがオリンピックの開催地を東京と決定した時点で東京が全責任を持って、施設やアクセスを準備し選手が競技し易いように整えなければならない。

 すなわち責任とともにどうするかを正当に決定する権利もあるはずだ。IOCはオリンピック全体の管理運営を任され、次の開催地などを決定するもう少し大きな視野に立った権利義務を有しているに過ぎない。

 それが突然口を挟んできてマラソンや競歩を札幌でやれと言う。そんな権限があると考えるのはおかしい。ではオリンピックの開催地はどのように動けば良いのか、いちいちIOCに相談しなければならないのか。

 そしてそういう決定をしたというのに事前に東京都には何の相談もない。森喜朗という老害の男が出て来て相談を受けて仕方なく札幌にしてと馬鹿なことを言っているが、開催地は東京であって日本国ではない。

 どの競技をどこでどのように行うか決定して準備をするのは東京都に存しているべきだ。それをこの老害男が筋を捻じ曲げ、東京都に相談もせず開催地変更を受け入れた。

 どうも小池都知事と老害男は仲が悪いらしい。だがこんなことになった元々はこの老害男が筋を通さないからだ。体も悪いから議員を離職してもらいたい。

 私は小池都知事を政治家として支持しない。理由は人を裏切り過ぎだからだ。それに表面上の言葉や雰囲気、美貌度を売りにしてあまり実績を上げていない。

 だがそれと老害男が前以て相談しないのは話しが違う。この老害男も総理大臣であったころ、日本の恥じであるようなことを多く行ったし、この男も私は支持しないが、ここはそういう確執を超えて国や都市のために尽くさなければならないのではないか。

 一番罪深いのはIOCのバッハという男だ。多分ヨーロッパや他の国のテレビ局が放映時間を考慮して裏金を渡し交渉した結果がこのような事態になったのだろうが、薄汚いことこの上ない。

 東京都が次回のオリンピック開催国に選ばれたのは東京都が1億円の裏金を出したからだ。これは元東京都知事の石原慎太郎氏がテレビで漏らしたことから明らかだ。

 IOCの委員は金に汚れている。いつかの冬季オリンピックで金妍児が回転不足に関わらず極めて高い得点を得たのもジャッジたちを買収したからだ。あるいは韓国で行われたバドミントンの試合で韓国選手に有利なように風を吹かせたことも黙認している。これも買収されたからだろう。

 こんな不正をなす国はもうオリンピックの開催国としては相応しくないが、それでも前回の冬季オリンピックは韓国で開催された。すべてIOCが裏金工作で動かされた結果だ。

 オリンピックは4年に一度の国際総合競技大会で、選手はもちろん見る側も大きな関心を持っている。その全体像を決定するのがIOCだ。そうであればIOCの不正を防止する外部の司法システムを構築する必要があると思う。

選手は他の選手に負けないことだけを考えて競技を行う。団体戦では味方のことも考慮はするが基本は他者を押しのけても勝つことで、他人に優しくしてはならない。

 競技が終われば競争相手とも仲良くするが、基本理念は勝つことだ。他人のことを考えてはならない。中には自分との戦いだとする優秀な選手もいるが、それは例外だ。

 そんな選手が引退して競技団体の役員になって、やがて上層部に登る。しかしそんな人は普通の社会生活を送っていない。保護され褒められ競技に邁進したそのままの精神状態で競技団体の役員になっていく。

 そんな役員や上層部が他人のことを考えるのは余程その後勉強して自身を研鑽しなければ達成できることではない。IOCの上層部はそんなことをしているとは思えない。自分のことだけを考えて、利益のあるように振舞うことがリベートに繋がるのだろう。

 だから私はジャッジが競技の点数を決定する競技を見ない。どこにジャッジの不正があるか分からないからだ。フィギュアスケート、体操競技、柔道、スキージャンプ競技。浅田真央、篠原信一などはその犠牲者だし、葛西紀明も飛距離では勝ったのに位だった。これもフォームが優勝選手の方に多くの点が入ったからだ。

 それらをIOCは誤審と称して対策が講じられる。審判を匿名にするなど対策が講じられているが、審判からアプローチし、不正を働くことは簡単だ。二重匿名(競技寸前まで誰が審判か分からないようにする。誤審をすればその後何年か審判をできない。ビデオ判定は必須とするなど)などの制度の導入が必要である。

その前にこの薄汚いIOC自身を何とかしなければならない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テノールの発声練習