韓国はどこへ行く

 最近韓国の要人たちが日本に度々きている。アメリカからGSOMIA終結を思い止まれと圧力を掛けられているからだ。しかし自分自身で振り上げた拳を大儀名分がなければ振り下ろすことができない。

 文大統領は政治的目的だけのためにGSOMIA破棄を決めたのを半分後悔し、半分は已むを得なかったと考えている。その考えが破棄を取り消す方向に行くには時間が不足のようだ。

 日本から何等かの譲歩を引き出すことができればそれを口実に取り消しを図れるのだが、日本政府は色好い反応を示さない。韓国政府の御用メディアである新聞は「文在寅大統領が安倍首相をソファに誘導し」などといかにも文大統領がリードして会談をしたなどと半分嘘のようなことを報道している。

これも大義名分を作るための方便だ。また文喜相国会議長も日本の天皇について話した自分の言葉が日本人に不快感を与えたとして何度も謝罪している。

 こんなことから推測するに、韓国は北朝鮮の顔色を見ながらGSOMIAの破棄を撤回したいのは確定的だ。日本はともかく米国の機嫌を損なうのは国益に反していると思っている。

 文大統領が自分の息の掛かった人物を次期大統領にしなければ、重い刑罰を科されるのは間違いないところだ。最高刑では死刑もありえる国家反逆罪に問われるだろう。

 彼の今一番の心配事はそれで、政策は全てそれを基準に立てている。反日カードを切ったのもそうで、それが失敗に終わった現在、彼の方策はほとんど無くなった。それで考えを切り替えて反日を止め、日本と仲良くなる道を選んだのであろう。

 だが次期大統領が誰になっても韓国は韓国だ。日本人のように和を以て貴しとなすという気質はさらされなく、もし右派の大統領が選任されると反日でありながら親米になるはずだ。

 ただ韓国の一般の国民は反日ばかりではない。教科書で反日を教える政府はどこか狂っているが、世界が国際化している現在、本当のニュースはネットなどにいつも登場している。

 常識のある国民はもし現実、真実を知れば反日が親日に代わるのはあっという間だ。現に日本統治下の社会を覚えているか言い伝えられている人で反日はいない。

 韓国では反中や反ロはそういない。反日であるのは日本の姿勢にも問題がある。韓国の国民性を考えると温和な対応は却って混乱を来すだろう。中国やソ連、アメリカは韓国相手に曖昧な態度を取らない。

 だから反中、反ロ、反米は国の潮流にはならないのだ。弱い人間は更に弱い人間を虐める。韓国は日本の行動パターンを見て弱いと見ているのだ。だから日本は韓国の要人とは会談などしてはならない。

 日本も共産主義国の言いなりにはなりたくない。民主国家であるアメリカと組した方が良いのだ。だからそれを考え、韓国とは完全な敵対行為は取れない。

 政治の世界には完全な敵対行為は存在しないが、それにも程度がある。理不尽な考えや政策には断固つっぱねるという態度は必要だが、日本人の気質上そんなことができない。

 だが国際的に考えると日本政府のやり方は通用しないことが多い。国内でもそうで、左翼的な人物はできるだけ排斥すべきなのだが、歴代政権はそんな人物も許してきた。

 だから同一民族であるというのに国内でも仕事がやりにくいのだ。また中国の市場は魅力的ではあるが、アメリカが中国を撲滅しようと考えている現在、日本の中国に対する態度は生ぬるい気がする。

 韓国に対してもそうだ。韓国がGSOMIAに復帰するかどうかはアメリカに任せておけば良い。韓国がアメリカを取るなら復帰するだろうし、共産国に帰属、隷属したいのなら、破棄したままで仕方がない。

 アメリカは日本が韓国に強い姿勢で臨んでも許す以外にない。韓国はお前たちで扱えと突っ張るくらいの強い態度をこの際は取るべきだろう。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

教科書とメディア