日本は一流技術者と三流経営者で成り立っている

先日東急沿線のある駅で小学生の女の子がホームと電車の隙間に落ちた。理由は分からないがその子はランドセルを背負っていたので線路には落ちないで隙間に挟まっていたが電車は発車しそうだった。

それを見ていた乗客が慌てて女の子を引っ張り上げ事なきを得たのだが、ひやっとする場面だった。

後に駅員がいる事務所にその時間ホームに駅員がいたかどうかを尋ねると「その時間ホームに駅員はいません」という答えが返ってきたので驚いた。

どうしていないのかと再度尋ねると会社の方針であるようなことを口ごもりながら言うのでホームの安全性はどう保つのか、会社の経営者の態度に不信感を抱いた。

今はワンマン運転している電車もあり一体運行の安全性に関して会社の経営者はどのような考えを持っているか、いずれ事故も起こりそうで不安である。もし事故が起こったらまた大騒ぎになると思うがそれは想定できないものなのか。

電鉄会社の経営は苦しいのか。それとも安全性を犠牲にしてでももっと収益を上げたいのか。我々には電鉄会社の経営姿勢が良く分からない。

電車の車内に取り付けられた行先や現在位置の表示は客席から見えないこともあるし、英語、中国語や韓国語が表示され日本語が表示される時間は短い。

電鉄会社は観光客などの便に処するためそのような外国語を表示しているのであろうが、肝心の日本の客には不便この上ない。

日本人は路線に関する知識を持っているので、表示などあまり意味を持たないと考えているのだろうが、初めて乗る路線ではもう少し親切にしてもらいたいものだ。

そう言えば英語による車内アナウンスが流れるが、その英語が酷い。子音にアクセントを置くものだから子音にならず、母音が入ってしまう。それともう一つの種類の英語のアナウンスはどうも帰国子女の女性が担当しているようだが、その発音が気持ち悪い。やたら変な巻き舌を使っているので、英語を使った仕事をしている身には耐えがたいので耳を塞ぎたくなる。

多分そんな英語は英語を話す人々には理解されないこともあるだろう。今やアメリカ人などはいくらでも日本にいるはずだから、どうして彼らにアナウンスの英語を話させないのか多いに疑問である。

営団地下鉄ではネイティブに英語を話させていることもあるが、もちろん美しい英語を話す。何故東急ではそんな下手な英語でアナウンスをしなければならないのか、おかしいといつも思う。

さて車内を見渡すと少し長いつり革があり、動力もないのに自動で締まる車両の継ぎ目のドア、捉まり棒の角度、ドアの上の手を持つ出っ張り、椅子の長さ。どれを取っても良く考えているなと感心させられる。

そんな至れり尽くせりの車内とそれ以外の関係はどのような状況でかくも差があるのか考えさせられる。そこで考え至ったのが経営者と技術者のレベルの差だ。

日本の技術者は世界一だろうし、経営者は三流であろう。日本にやってくる外国人は日本の技術の高さに舌を巻くが、例えばアナウンスの英語の拙さに関しては酷すぎて無言になってしまう。

いつだったかフランス人を乗せて首都高を走ったことがある。降り口近くになると制限速度が40kmになっているのでそのフランス人は一言「Silly」(馬鹿らしい)と吐いて捨てた。

それほどこんな馬鹿らしい規則を作る人物のレベルは低く、反面技術の高さの差はいかなる経緯で以って発生したのか、何とも珍妙な光景だ。

勝海舟がアメリカから帰国した時にアメリカ事情を聞かれ、「あちらでは能力のある人が高い地位に付いている」と応え、時の老中に「無礼者」と叱責された。これは勝の「氷川清和」に書かれている。

江戸時代から日本では下層の人たちの能力が高く、上層部の能力が低いのは国際的には良く知られている。

だから日本での政治は簡単だ。90%を占める下層の人たちは優秀だからアメリカと違って国内政治は寝ていてもできる。だが外交となるといつも下手だ。

あああ、日本はどこへ行くのだろうか。我々下層の人間は上層と称する政治家や財務省、厚生労働省にもっと物を言うべきではないだろうか。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

眠れぬ夜のために

次の記事

犬の考え、猫の考え