ハリウッドの美容技術

ハリウッドの美人20選とかそんな美人女優のコラムが沢山ある。退屈な時に見ているが感心させられることが多い。

私は女優など映画やドラマの中で充分と思っているが、そうでもない人も多いだろう。もしそんな夢が実現するなら結婚したいと胸を膨らませている男性も多いはずだ。

だがそんなことをすると自分が不幸になるだけだ。女優は演技をしていて実生活は違うしすっぴんが美人とは限らない。おだてられていることが多いから性格も歪む。

さて見ていて一番驚いたのがヘアスタイルだ。どの女優も極めてユニークで個性に合ったヘアスタイルをしている。

ショートヘアはオードリーヘップバーンくらいで後はほとんどがロングヘアなのだ。それもカールしたりパーマを多用したりバラエティ豊かである。

それに比較すると日本の女優の髪型は画一的で面白みがない。日本にも大勢の美容師がいるはずだがハリウッドの美容師ほどの腕を持ち合わせないのか、今流行のヘアスタイルに終始しているのは頂けない。

現在のヘアスタイルは欧米から移入されたもので、たかだか100年ちょっとの歴史しかないので、仕方がないにしてももう少し勉強、研究してもらいたいものだ。

だがそれは無理かも知れない。何しろ日本人は自分の意見がなく、流行などに頼り過ぎるし、ファンもそうだろう。

顔の輪郭もそうだ。日本人は単一民族で顔にそんなにバラエティがないので、ヘアスタイルを研究する意味もないことも考えられる。

だがそれでももう少し研究して欲しい。ただ名前が売れているというだけでたいした実力もない美容師が多いのではないだろう。

機械技術などでは世界をリードする日本もこんな分野では全く実力がない。今はロングヘアで先の方にいくと少し毛を少なくしてあるヘアスタイルが主流だ。女優も似たり寄ったりのヘアスタイルをしている。そんなことに疎い私でも知っているではないか。

ハリウッドの美人女優の容貌でもう一つ気になるのがメークアップだ。特に眉毛の書き方が個性的で良くその女優に似合っている。ヘップバーンのショートヘアとあの独特な眉毛の書き方がなければ彼女はあれほど売れなかったかもしれない。

彼女のルックスは清純的であるのであのようなヘアスタイルとメークアップを考案したのだろうが、ハリウッドの女優というのは本人だけでなく、メークアップアーティスト、美容師、ドレスを選ぶスタイリストなどの総合芸術ではないかと思う。

それは観客の個性にも影響されているだろう。人気女優が偏ることがなく、マリリンモンローのような色気を売り物にしている女優もいるし、古いがグレースケリーのように気品がある女優もいる。

日本にもそんな女優たちがかつてはいた。だが日本人の美意識の劣化と共に女優に求めるものが少なくなって女優の方も需要がないものには熱心になれない。

ちょっと可愛くて庶民的。そんなどこにでもいるような女性も日本では女優になれるチャンスがある。

だからハーフの人は個性的なので女優や売れっ子ニュースキャスターになることができる時代だ。

根本的に違うのが女優の精神状態だ。ハリウッドの女優のプロ根性には凄いものがある。彼女たちは女優としてのみ演技する。そしてそれ以外の場面では自分の美貌とかヘアスタイルには無頓着であるので、すっぴんで街を歩く女優も多い。

女優は職業だから仕事の時だけ女優で美しくどんな演技もできる。日本でもそんな傾向があるが、もしすっぴんで街を歩くとどんな噂が流れるか知れたものではないだろう。

NHKの朝ドラは日本の芸能界を象徴するようなドラマだ。古い習慣のあるところで主人公が働き、頑張って認めてもらい成功する。何の面白みもないストーリーで何の個性もない女優が演技をする。相当退屈している人でなければ見ないだろう。

だがそのドラマに出た女優と称する素人がすぐに売れる。演技も稚拙でなるほどと唸らせるようなものはない。

アニメで世界を席巻する日本。あるいは世界をリードした浮世絵。そんな実力があるのに発揮できない、発揮する必要もない。そんな技能界にしたのは観客かもしれない。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です