人生案内 恋愛感情ない彼 誘いに迷う

相談者の女性は30代。コロナの影響で会社がつぶれそうで職を失う危険もある。その女性には10年間片思いをされた彼がいるが誘いはずっと断ってきた。だが状況が変わって女性は最近食事に一緒に行き、彼の誘いをある程度考えるようになった。

一方彼はもてない男性らしいサラリーマンだと思われる。というのも転勤話しが持ち上がりこの相談者に一緒に行ってくれと懇願している。

回答者はそんな男性からの誘いを断れ。彼は本気ではないし、相談者も情熱が湧かない。結婚は情熱で情熱がない結婚にはすぐに飽きるだろうとしている。

この回答者は作家というが、人の精神の在り方や結婚とはどういうことか、恋愛と結婚の違いについて考察していない。

結婚は情熱だと述べているが、これは大違いだ。情熱が大きければ大きいほど結婚という現場に立てば情熱で生活はやっていけないということを知らない。

人は子孫を残すために生きている。だが脳が極端に発達したので、それだけではなく脳を使いたい動物だ。

情熱とは何か。絵を書きたい。小説を書きたい。未知の世界を探検してみたい。これは分かる。だが情熱は計算を度外視した人だけが持つ精神状態で、人に恋する情熱は一種生活を忘れたものだ。

男と女の間に情熱があればあるほど結婚生活は破綻する確率が高くなる。駆け落ちはその後の生活を考えないからすぐに破綻するのは目に見えている。そんな例を沢山知っている。

離婚も最近は多い。確か30%か40%以上の人が離婚する。恋愛と結婚は全く違う次元のもので、ある程度の計算がなければ結婚生活は破綻するのは当たり前だ。

無職の人を好きになり、結婚すればその生活はすぐに破綻するだろう。食べるための金はどこから来るのか。女が働いて生活を支えるのか。もし女がとても有能であればそんなこともあり得るがそんな状態では男は女の情夫に過ぎない。

相談者の女性はとても打算的な人だ。10年も片思いしてくれた男性に対して食事にも行かず誘いを断り続けていたのに自分の職がなくなるかも知れないと知ると食事について行く。

この男性はとても良い人のようだ。もてないが一人の女性を10年も片思いし続けている。私がその男性の親ならそんな女性はきっぱりと諦めろと諭すかも知れないが、これも悪手だ。

女性がいかに浪費家で我儘だとしてもそれを受け入れる男性もいる。それがこの相談者の相手ではないだろうか。

だがサラリーマン。収入は限られている。もし相談者が打算的であっても男性側はそれを許すだろう。だから相談者は男性の収入、親戚、特に両親のこと、などを調べれば良いだろう。

そしてその男性の性格を誰か第三者に調べてもらうことだ。それら総合的な条件が整えば結婚しても良いのではないか。

私はこの結婚が永続すると思う。相談者と真反対の意見だが、要は結婚後のことを相談者は考えるべきだと思うのだ。

結婚が一番上手くいくのは見合い結婚だ。恋愛感情を抜きにして考えると男女両者は上手くやっていけるかどうか見合いをマッチングする人は調べる。

子は両親の長年に亘る教育を受けたから、両親の考え方を反映して行き方をしているはずだ。成人すれば自分の考えも芽生えるが、この両親の考え方や生き方がどこにあるのかを考慮しなければ結婚は失敗する。

よくそんな稚拙な回答をするものだ。小説家でありながら男女の精神の在り方も分からないのだろうか。

恋愛は短期間の精神状態。結婚は長期に亘る実生活を伴う。一度抱かれれば女性も考えが変わるかも知れない。

もし二人が結婚しないと二人とも一生独身で過ごすような気がする。これは単なる直感だから外れるかも知れない。何しろ相談者やその相手にも会っていないのだから、迂闊なことは言えない。

結婚しなさい。私が回答者ならそう言う。

酒巻 修平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です